パーソナルトレーニング 姿勢改善 ヒップアップ 大阪 心斎橋

姿勢改善・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング k.c.lab

膝の痛みとヒップアップや脚全体のラインとの関係

 


大阪・心斎橋で、骨格ラインを整える良好な姿勢づくりの

パーソナルトレーニングを実施している、

美姿勢・美脚スペシャリストの桑野です。

 

あなたは膝が痛くなったことはありますか?

 

何かスポーツをしている最中のアクシデントや

何かしらの事故で痛めた場合を除き、

 

もし思い当たる節がなく膝が痛くなってしまったのであれば、

それは身体の使い方が悪くなっているからかもしれません。

 

そしてもしそうであれば、

あなたのお尻や太もも、ふくらはぎのバランスも

崩れてしまっている可能性が高くなります。

(お尻が垂れてしまっていたり、

ふとももやふくらはぎが太くなってしまっていたり…)

 

膝に痛みが出にくくなる身体づくりのトレーニングと

ヒップアップや引き締まった脚のラインづくりのトレーニングは、

実は同じ内容のものがたくさんあるのです。

 

股関節が使えていることが重要

 

私たちは毎日立ったり座ったり、

歩いたり走ったりして下半身を動かしています。

 

そのときに大事なのが

「股関節を使って動けているのかどうか」

なのです。

 

多くの方が「膝」をメインに動いている傾向にあります。

 

例えば、

あなたは真っ直ぐ立とうとしたとき

何処に力が入りますか?

 

もし膝上の部分、太ももの前に

力が入っている感覚があれば、

膝をメインにして真っ直ぐ立った、ということになります。

 

そうであれば、

普段から膝を酷使している傾向にあるので、

膝の痛みにつながっているのかもしれません。

 

また、

膝をよく動かすということは、

太ももをよく使うことになり、

よく使う筋肉は大きくなる傾向にあるため

下半身全体の筋バランスが悪くなってしまう可能性も高くなります。

 

股関節を使うには

 

では、

股関節を使うにはどうしたら良いか。

 

それには、

「お尻の筋肉を意識する」

ことが重要となります。

 

お尻の筋肉は股関節を使うときの大部分で

関わっていきますので、

「お尻の筋肉を使う=股関節を使う」

と言っても過言ではありません。

 

しかし、

いきなりお尻の筋肉を意識するのは難しいものです。

 

少しずつ段階を踏む必要があります。

 

まずは左右のお尻を締めていくように力を入れてみてください。

体勢はうつ伏せか立ったままかのどちらかが良いです。

 

そして次に、

片方のお尻だけ力を入れるようにしていきます。

 

もし難しい場合は、お尻を掌で触りながらだと

力を入れやすくなるかもしれません。

 

これを毎日少しずつ繰り返していくと、

普段からお尻を使っていく意識がもてるようになっていきます。

 

そうなれば、

股関節を使えるようになってきたとも言えるのです。

 

もしあなたが、

 

膝に不安を抱えている

 

もしくは脚のラインに不満をもっているのであれば、

 

ぜひ取り入れてみてください。

 

このブログがあなたの膝の不安を解消し、

脚のラインを変えるきっかけとなれば幸いです。

 

ありがとうございます。

 

この記事に関連する記事一覧