パーソナルトレーニング 姿勢改善 ヒップアップ 大阪 心斎橋

姿勢改善・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング k.c.lab

ヒップアップに足裏は重要!

 


 

私のイメージですが、

トレーニングをする目標の一つとして、

 

 

ヒップアップしたい!

 

太ももを引き締めたい!

 

脚のラインをキレイにしたい!

 

 

と考えている女性は結構多いです。

 

 

それなのに、

 

「一生懸命お尻のトレーニングをしてきたのに

なかなか目標を達成出来なかったです、、、」

 

と私のところにお越しになられる方が

最近多いのですが、

 

 

そのほとんどの方が、

 

『足裏の感覚』

 

を疎かにしていることがとても多いのです。

 

 

 

私は足裏の状態を必ずチェックするのですが、

 

足裏の外側に体重が乗り過ぎていたり、

 

足の指が地面から離れてしまっていたり、

 

 

そして

そういう状態になってしまっていたことを

認識出来ていなかった、

 

という場面が多々あります。

 

 

これでは

ヒップアップやキレイな脚のラインにしたいなどの

下半身の悩みを解決していくことは出来ません。

 

 

そもそも

お尻の形だったり

脚のラインだったり

太ももの太さが気になるときは

 

『立っているとき』

 

ではありませんか?

 

 

もしそうであれば、

 

唯一地面に着いていて

身体の全体重を支えている足裏への

アプローチをしない手はありません。

 

 

重力の影響により、

足裏をどのように地面につけるかによって

ヒップアップや脚の引き締め、

脚のラインを真っ直ぐキレイに出来るかどうかが

決まってくるわけです。

 

 

基本的には

足裏は外側や内側などに偏らず、

足裏全体が地面にきちんと足指も含めて

つけておくことが出来ればOKです。

 

 

気になる方は是非チェックしてみてください。

 

 

ありがとうございます。

姿勢を意識することによる意外な効果

 


 

最近は、

日によって暑かったり少し肌寒かったりと

安定しない天気が続いています。

 

 

こういう時期は体調を崩しやすいですから、

 

日々の生活を少し見直してみると良いですね。

 

 

例えば、

 

食事バランスは良好なのか

 

睡眠時間はしっかりとれているか

 

衣服は気候に上手く対応できているか

 

などです。

 

 

私たちの身体は食べたもので出来ていますから

しっかり栄養を摂ることが大事ですし、

 

寝ているときに身体の細胞が修復していきますから

睡眠時間も欠かせません。

 

暑いときは薄着で、

寒いときは重ね着をするなども体調管理には必要ですよね。

 

 

しかし、

ほとんどの人は体調を崩してから気づくことが多いです。

 

 

もっとちゃんと栄養バランスに気をつければ良かった、、

 

きちんと睡眠時間を確保すれば良かった、、

 

上着を持ってきとけば良かった、、

 

 

そうならないために、

 

ご自身の『内観力』を日頃から高めていくことが大事。

 

 

具体的には

『普段の姿勢』を意識してみることを私はお勧めしています。

 

 

良い姿勢をとるためには、

 

骨盤の位置はどうか

 

背骨は真っ直ぐになっているか

 

首の位置はどうか

 

足の裏の感覚はあるか

 

など、たくさんのことを意識しなければなりません。

 

 

これが習慣になってくると、

身体の変化に敏感になってきます。

 

 

そうなると、

ちょっとした体調の変化にもすぐ気づけるようになり、

 

体調を本格的に崩す前に適切な対処が出来るようになる、

というわけです。

 

 

実際に私のパーソナルトレーニングを

受けられているお客様の多くが、

 

「風邪をひきにくくなった。」

 

「季節の変わり目でも体調を崩さず過ごせるようになった。」

 

という変化を実感されているようです。

 

 

姿勢はもちろん見た目の良さや

身体の引き締めのためにも大切ですが、

 

それだけでなく

健康な毎日を過ごしていくためにも重要です。

 

 

意識するだけなら今すぐにも取り入れられることですから

ぜひ少しずつ取り組んでみてください。

 

 

ありがとうございます。

身体の引き締めと痛み改善について

 


 

身体を引き締めたい、

お腹や脚を引き締めたり

ヒップアップやキレイな脚のラインにしていきたい!

 

・・・

 

でも、

腰が痛くなりやすい、、、

膝が不安だ、、、

 

「運動すると関節を痛めないか心配なんです。」

 

 

と私のところにお越しになれる方は、

このような方が大半を占めます。

 

 

体型(特にお腹やお尻)が気になるし

運動は健康にいいから始めたいけども

足腰に不安があり、

なかなか運動を始められないでいる、

 

でも何とかしたい!

 

 

私が伝えているトレーニングは、

 

ただ筋トレをして終わりというでけではなく、

 

日常生活における身体の使い方まで

徹底的に落とし込み、

 

身体を根本から変えていくことを特徴としています。

 

 

下腹がポッコリになってしまうのか

腰が痛くなるのか

 

太ももが太くなってしまうのか

膝を痛めてしまうのか、

 

というのは、

 

日常における歩き方や立ち方などの

過ごし方でほとんど決まっていきます。

 

 

つまり、

『引き締まった身体』と『痛みが出ない身体』

をつくっていく方法は実は基礎が同じで、

 

 

普段の身体の使い方がとても重要なのです。

 

 

ヒップアップ等

身体が引き締まりながらも各関節は強くなり、

自分の身体に自信がもてるようなる、

 

そんな方が一人でも多く増えるようになればいいなと考えております。

私のパーソナルトレーニングについて

 


 

私のパーソナルトレーニングは

少し特殊かもしれません。

 

 

一般的にパーソナルトレーニングというと、

 

・ダンベルやバーベルを使ってガンガン鍛える

・翌日は激しい筋肉痛が出る

・疲労困憊になる

・食事制限が必要

など、

 

1人だととてもじゃないですが

きつ過ぎて出来ないことを

トレーナーと一緒にマンツーマンで頑張っていく

イメージが強いかと思います。

 

 

しかし、

私のパーソナルトレーニングはそうではありません。

 

人によってはダンベルやバーベルなどの

重りは使わないことがありますし、

 

特に初回から数回はほとんどの人は重りは使いません。

 

 

というのも、

 

『身体の使い方』

 

を重要視しているから。

 

 

私たちは毎日歩きますし

立ったり座ったりの動作を繰り返します。

 

一つ一つは小さい負荷でも、

その積み重ねでお尻や太ももや

ふくらはぎなどの形が決められていきますし、

 

腰や膝などの関節に

痛みが出やすいかどうかが決まるのです。

 

 

もし身体の使い方が悪い状態で

重りを持ってガンガンに鍛えていくと、

 

お尻の形が悪くなったり

太ももが太くなったりなどの

ボディラインを逆に崩してしまうことになりますし、

 

腰痛や膝痛の原因にもなりかねません。

 

 

そして、

正しい身体の使い方を身につけていくことの最大のメリットとして、

「ご自身で維持していくことが可能になる」

というものがあります。

 

 

例えば、

トレーニングで頑張ってヒップアップしたキレイな下半身をつくったとします。

 

正しい動かし方(普段の歩き方や立ち方など)を身につけていれば、

激しいトレーニングをしていかなくても

 

 

ヒップアップしたまま、

キレイな脚のラインまま、

 

で毎日を過ごすことが可能となるのです。

 

 

激しいトレーニングを否定するわけではありません。

激しい方が終わったあとの達成感がありますし、

より引き締まった身体をつくるには必要なことだとも思います。

 

 

とは言っても、

私のパーソナルトレーニングが

きつくないわけではなく、

 

ダンベルやバーベルを積極的に使わないだけであって、

 

お客様からは、

 

「そこそこきつい」

 

と言われることが多いです。

 

 

 

ただ、

激しいトレーニングが全てではなく、

 

正しい身体の使い方を身につけ、

日常生活における姿勢や動きを変えていくことでも

効率よく身体を変えていくことが出来ますし、

ご自身でも維持出来るようになる、

 

ということが伝えたいのです。

 

 

これからパーソナルトレーニングを

どこかで受けてみようと考えている方は、

 

多くのところが体験を受けることが出来ますので、

 

トレーナーとの相性と合わせて

トレーニングの中身がご自身に合っているかも

考慮してからぜひ決められると良いかと思います。

姿勢改善のために意識する順番

 


パソコン作業や事務作業などの

デスクワークが多い人だったり、

 

立ち仕事や前かがみになることが

多い人などが

 

きっと気にしたことがあるであろう

 

『姿勢』

 

 

肩こりや腰痛の原因となるだけでなく、

 

二の腕がたるんだり下腹がぽっこりなどの

ボディラインにも悪影響を及ぼす場合があります。

 

 

しかし、

いざ姿勢を良くしようとしても、

間違った身体の使い方だと

効果がないばかりか

逆に身体を痛めたりするリスクがあり

本末転倒です。

 

 

例えば、

姿勢を良くするために

 

「左右の肩甲骨を閉める」

 

ようなことをしていませんか?

 

 

肩甲骨ばかり意識してしまうと、

 

首が疲れやすくなったり、

肩の関節のかみ合わせが悪くなって

肩を痛めたり、、、

 

なんてことになりかねません。

 

 

実は最初に意識するのは肩甲骨ではなく、

 

『肩甲骨の間の背骨を反るようなイメージで胸を少し張ること』

 

が重要です。

 

 

肩甲骨は

背骨が多少丸まってても閉めることが出来るため、

 

本当の意味で良い姿勢がとれているかどうかが

分かりづらいのです。

 

 

姿勢が良い

背骨が真っ直ぐ

 

 

なので、

 

少し胸を張るイメージで背骨を反ってあげた方が

断然良い姿勢をとることが出来ます。

 

 

何も肩甲骨を閉めることが

ダメだと言っているわけではありません。

 

 

大事なのは

 

意識する順番。

 

つまり

『胸を張って背骨を少し反ってから軽く肩甲骨を閉める』

 

と良い姿勢をとりやすく、

 

肩甲骨が先ではない

 

ということ。

 

 

姿勢改善をしていきたい場合は

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ありがとうございます。

1 2 3 21