パーソナルトレーニング 姿勢改善 ヒップアップ 大阪 心斎橋

姿勢改善・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング k.c.lab

姿勢改善のために意識する順番

 


パソコン作業や事務作業などの

デスクワークが多い人だったり、

 

立ち仕事や前かがみになることが

多い人などが

 

きっと気にしたことがあるであろう

 

『姿勢』

 

 

肩こりや腰痛の原因となるだけでなく、

 

二の腕がたるんだり下腹がぽっこりなどの

ボディラインにも悪影響を及ぼす場合があります。

 

 

しかし、

いざ姿勢を良くしようとしても、

間違った身体の使い方だと

効果がないばかりか

逆に身体を痛めたりするリスクがあり

本末転倒です。

 

 

例えば、

姿勢を良くするために

 

「左右の肩甲骨を閉める」

 

ようなことをしていませんか?

 

 

肩甲骨ばかり意識してしまうと、

 

首が疲れやすくなったり、

肩の関節のかみ合わせが悪くなって

肩を痛めたり、、、

 

なんてことになりかねません。

 

 

実は最初に意識するのは肩甲骨ではなく、

 

『肩甲骨の間の背骨を反るようなイメージで胸を少し張ること』

 

が重要です。

 

 

肩甲骨は

背骨が多少丸まってても閉めることが出来るため、

 

本当の意味で良い姿勢がとれているかどうかが

分かりづらいのです。

 

 

姿勢が良い

背骨が真っ直ぐ

 

 

なので、

 

少し胸を張るイメージで背骨を反ってあげた方が

断然良い姿勢をとることが出来ます。

 

 

何も肩甲骨を閉めることが

ダメだと言っているわけではありません。

 

 

大事なのは

 

意識する順番。

 

つまり

『胸を張って背骨を少し反ってから軽く肩甲骨を閉める』

 

と良い姿勢をとりやすく、

 

肩甲骨が先ではない

 

ということ。

 

 

姿勢改善をしていきたい場合は

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ありがとうございます。

ヒップアップさせるために階段でも気をつけたいこと

 


本日のお客様から、

 

「ここ2,3日右膝の調子が悪いんです…」

 

とご相談を頂きました。

 

 

 

詳しく状況を伺っていくと、

 

ここ数日は階段を使うことが多く、

特に階段を上がるときに

ときどき膝に痛みを感じるとのこと。

 

 

もともと私のパーソナルトレーニングを

受けるきっかけとしては、

 

「年々お尻の形が気になってきたし

ヒップアップした形の良いお尻にさせたい!」

 

というのがメインの目標でしたが、

 

本日の身体の状態は

確かに右膝に負担をかけてしまっている

姿勢や動作になっていて、

 

足裏と股関節が

上手く連動して動けていませんでした。

 

 

その場合、

私の経験上ですが

関節に負担をかけてしまっている側

(今回のお客様だと右側です。)

 

のお尻の形も悪くなってしまっており、

 

お尻から太もも、

膝を通って足首までの

全体的な脚のラインも

真っ直ぐではなくなっていることが多いです。

 

(つまり、O脚やX脚になっている

もしくはなりそうになっている。)

 

 

今回のお客様は、

私のパーソナルトレーニングを受けるようになって3ヶ月。

 

しっかり骨の位置を整えながら

今まで使う感覚がなかったお尻の筋肉を

丁寧に鍛えていった結果、

 

だいぶお尻の形が変わって(ヒップアップして)きた矢先のことでした。

 

 

まだ階段の上り方を伝えておりませんでしたので、

しっかりいつものように骨の位置を整え

下半身の筋肉を鍛えた後、

 

膝や太ももの前側の筋肉ではなく、

股関節を使いながら階段を上る練習をしたところ、

痛みが全く出ないとのこと

(あくまで「パーソナルトレーニング中は」ですが…)。

 

 

今日初めて習ったことを

100%習得することは難しいですが、

まずは1日に1回だけでも

少しずつ意識していくことで、

 

だんだんと出来るように

必ずなっていきます。

 

 

特に階段を上るときは

太ももの前側を使ってしまうことが

ものすごく多いです。

 

そうすると太ももの前側ばかりが鍛えられることになりますので、

太ももがたくましくなってしまう可能性だってあります。

 

そこを太ももじゃなく、

股関節を使うことが出来るようになれば、

 

もっともっとヒップアップしたキレイな脚のラインにも繋がっていくわけです。

 

 

ぜひ習得して頂きたいなと強く思っています。

お尻の形を変える(ヒップアップする)歩き方のコツ

 


私たちは毎日立って歩きます。

 

家から駅まで

駅から職場まで

百貨店やスーパーなどの建物の中

など、

 

家の中にいても

歩かないなんてことはなく、

 

多い人で一日一万歩以上、

少ない人でも二千歩以上は歩くと言われています。

 

 

もしあなたが

お尻の形や太ももの太さが気になり、

脚全体を引き締めて真っ直ぐのラインにしたい

と考えているのであれば、

 

日々繰り返している

『歩き方』

を見直していかなければなりません。

 

 

毎日太ももの筋肉を

意識して使っていたら、

太ももが太くたくましくなる可能性がありますし、

 

足首や足の指を意識し過ぎていたら

ふくらはぎが太くなってしまう可能性もあります。

 

 

一日平均で何千歩も歩いているわけですから、

 

それが

1週間

1ヶ月

半年

1年

と経てば、

 

かなり脚の形が変わりそうだとは思いませんか?

 

 

ヒップアップさせるのも

脚のラインを真っ直ぐにするのも

太ももを引き締めるのも

膝や足回りの痛みが出ないようにするのも、

 

あなたの歩き方から変えていく必要があるのです。

 

 

そして、

上記の話を読んで

もしあなたが歩き方を変えようと

考えているのであれば、

 

『股関節を動かすように歩く』

 

意識をもつようにしてみてください。

 

 

股関節には

お尻の筋肉や内ももの筋肉が付いており、

 

ここをしっかり動かす意識を持つことが

ヒップアップや太ももの引き締めに

とても効果的となるのです。

 

 

具体的な方法としては、

 

『後ろにいく脚をしっかり伸ばすように歩く』

 

こと。

 

 

写真のように

後ろ側になる脚をしっかり伸ばすように

歩く意識をもってみてください。

 

きっとお尻の筋肉が動いているのが分かるはず。

 

 

まずはお尻を自分の手で触ったまま歩いてみると

お尻の動きを感じ取りやすいかもしれません。

 

 

また、

お尻の筋トレをした後に

歩く練習をすると、

 

さらに感覚が得やすくなり

お尻の筋肉を使いながら歩くイメージが

もてるはずです。

 

 

ただ筋トレをするだけではなく、

 

このように歩く動作に落とし込んでいくことで、

 

ヒップアップした形の良いお尻や

引き締まった真っ直ぐな脚のライン、

 

膝や足首などの関節に痛みが出ない身体を

つくっていくことが可能となります。

 

 

ぜひ毎日の歩き方の改善から取り組んでみてください。

健康について見直す良い機会がありました

 


私は

『健康運動指導士』

という資格を所持しているのですが、

 

(健康運動指導士とは、

『保健医療者と連携しつつ、

安全で効果的な運動を実施するための運動プログラム作成と

実践指導計画の調整等を行う役割を担う者』

のことを指します。)

 

先日この資格取得者を対象にした

講習会に参加してきました。

 

 

私は普段は

・ヒップアップした美尻をつくりたい

・脚のラインを真っ直ぐキレイにしたい

・姿勢を改善して見た目が良い身体をつくりたい

・腰や膝など関節に痛みが出ない身体をつくりたい

等の、

 

パーソナルトレーニングを通して

キレイな身体づくりや痛みが出ない健康的な身体づくりの

サポートをメインで実施しています。

 

 

しかし今回の講習会は、

 

・健康寿命を延ばすための施策

・有疾患者へのリスク管理

など、

 

病気にならないための身体づくりから、

 

もし何か病気にかかっていても

それを改善・もしくは悪化させない

身体づくりに特化した内容。

 

 

いつもはお客様の目的のために、

 

「もう少しお尻の筋肉を意識して…」

とか

「背骨を意識して良い姿勢を保ったまま…」

など

筋肉や骨格ばかりにフォーカスしてしまいがちになりますが、

 

(もちろん今までも十分気を付けていたつもりですが)

追い込み過ぎたトレーニングも

時には健康を害することがありますし、

 

・適切なトレーニング量なのか

・過度な食事制限を課してはいないか

・睡眠の量や質はどうか

 

といった人が生きていく上で

欠かせない『健康』についての配慮も

もう一度見直していこうと

考えさせられる良い機会となりました。

 

 

ご自身のボディラインや痛みがない身体を

自分でコントロール出来るようになるだけでなく、

 

長い目でみて病気にならない身体づくり、

 

そのための栄養や休養についても

自分でコントロール出来るように

なって頂けるように

 

お客様にはきちんと伝え続けていこうと

思います。

明けましておめでとうございます。

 


新しい年となり、数日が経ちましたが、

あなたは今年の目標をもう決めていますか?

 

目標を決めているのであれば、

ゴールがあることと同じになりますので

あとはそこに向かって進んでいけば良いわけですから

目標は決めておくことをお勧めいたします。

 

 

ただ、

目標を決めるためにはなんとなくではなく、

達成しやすい決め方があるようです。

 

 

 

例えば身体に関する目標で言うと、

 

・ダイエットしたい

・身体を引き締めたい

 

よりも、

 

・今年は○○kgダイエットを成功させたい!

・腰痛を改善して快適な身体をつくりたい!

・ヒップアップしたキレイな脚のラインをつくりたい!

 

などのはっきりとした目標を決めておく方が

漠然と決めるよりも達成しやすいとされています。

 

 

 

また、

『目標を書き出しておく』

ことも目標達成には必要だと言われています。

 

目標をはっきりさせておかなければ

言葉として書くことは出来ないため、

 

自分の目標を明確化しやすいのです。

 

 

 

さらには

『書いた目標をすぐ確認できるところ』

に置いたり貼ったりしておくことも

大事です。

 

私たちは毎日たくさんの情報を無意識に

目にしていますから、

 

過去のことは忘れやすく、

せっかく決めた目標も忘れてしまっては

元も子もありません。

 

決めた目標を定期的に見直しておくことで、

忘れてしまうことを防ぐ効果があるのです。

 

 

・目標を明確化する

・紙に書きだす

・定期的に見直す

 

 

この3つを実践していくだけで

あなたが今年決めた目標を達成しやすくなりますので

ぜひこの機会にやってみてください。

 

 

 

私は

 

『正しい姿勢・正しい身体の動かし方を通して

痛みのない健康的で動かしやすい身体、整った身体づくりをサポートする』

 

がパーソナルトレーナーとしてのビジョンです。

 

 

身体は引き締めたいけど

関節に痛みがあったりやり方が分からなかったり、、、

フィットネスクラブに通ってみたけど

思うようにいかなかったり、、、

 

 

そんな思いをする方を一人でも減らし、

二度と身体のことについて悩むことがない方を

増やしていきたいと本気で考えています。

 

 

そんな自分の想いを忘れないように

私は今年も紙に書いていつも見れるように

家の壁に貼っています。

 

 

ぜひあなたも紙に書き出して

定期的に見直すようにしてみてくださいね。

1 2 3 20