パーソナルトレーニング 姿勢改善 ヒップアップ 大阪 心斎橋

姿勢改善・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング

ヒップアップや脚のラインをキレイにするには○○をやめること

 


大阪・心斎橋でパーソナルトレーニングをしている、

ヒップアップ専門トレーナーの桑野です。

 

 

もしあなたが、

 

「ヒップアップさせたい!」

「脚のラインをキレイにしたい!」

 

このように考えているのであれば、
普段の生活の中で

気を付けなければいけないことがあります。

 

 

それは「内股」にならないようすること。

 

 

お尻やO脚X脚などの脚のラインだけに関わらず、

股関節や膝の違和感、痛みなど、

 

下半身に問題を抱えている女性の多くが

実は内股になっている傾向があるのです。

 

 

なぜ、内股はダメなのか、

ボディラインや痛みを改善していくには

どのようにしていけば良いのかを今回はお伝えします。

 

 

内股による悪影響とは

 

 

まずはここでは内股とはどのような状態なのか、
を定義付けします。

 

ここでの内股とは、
「膝が正面ではなく、内側を向いていること」
です。

 

 

例えばこのような立ち方の右足や

 

このような座り方だったりを

 

私は内股と呼んでいます。

 

 

ではなぜ内股がダメかというと、

一番の理由は

お尻に力が入らなくなるからです。

 

 

例えば次の写真のように、

つま先を内側にして立ったまま、

左右のお尻を締めるようにお尻に力を入れてみてください。

 

次に、

バレエのポーズのようにつま先を外側にして立ち、

先ほどと同じようにお尻に力を入れてみてください。

 

どちらがお尻に力を入れやすいですか?

 

 

きっとつま先を外側にしたときだと思います。

 

(つま先が内側になると、膝もそれに引っ張られるように

内側を向いてしまい、内股となってしまいます。)

 

つまり、内股にして普段の生活を送っていると、

お尻の筋肉を使わずに過ごしていることになりますから、

お尻の筋肉が重力に負けてしまって垂れ下がってしまうのです。

 

 

また、お尻に力が入らないと、

実は太ももの前側や外側の筋肉を頻繁に使うようなり、

太ももが太くなってしまう原因にもなりかねません。

 

 

股関節や膝に痛みがある場合も同じ。

 

お尻に力が入らなくなると

股関節のはまり具合が悪くなって股関節を動かしづらくなり、

代わりに膝関節を動かし過ぎてしまって負担をかけてしまうのです。

 

股関節のはまり具合が悪くなってそのまま股関節に痛みが出てしまうか、
膝関節に負担をかけて膝が痛くなってしまう、

という流れになりかねません。

 

 

それぐらい内股で毎日を過ごすことは、

ヒップアップや脚のラインをキレイにすることが出来ないばかりか、

関節にも悪影響を及ぼしている可能性が高いのです。

 

 

内股を改善していくには

 

 

日頃から意識して膝とつま先を正面にしておくことが

内股の改善には必要です。
(細かく言うとほんの少し外側ですが、

分かりにくいので正面とここでは表現しています。)

 

 

お尻に力を入れて立つと、

膝は正面を向きやすくなります。

 

 

ただ、

今まで内股で過ごしていることが多く、

癖になってしまっていた場合、

 

日頃の意識だけで内股を改善していくことは

なかなか難しいかもしれません。

 

 

今まで朝8時に起床していたのを、

(仕事などの強制力はなしで)

いきなり朝5時に起床しようとしても

難しいのと同じ。

 

今までの習慣を変えていくのは

それほど難しいことなのです。

 

 

そこで私がお勧めなのは、

 

『筋トレ』

 

をすること。

 

 

それも

普段の生活で内股にならずに

過ごすことに繋がるようなトレーニングです。

 

 

例えば

スクワット一つとっても、

 

ただお尻の筋肉を鍛えるだけでなく、

股関節と膝とつま先の向きを

ミリ単位で修正しながら、

 

ただのスクワットではなく、

椅子に座ったり立ち上がったりの

動きに近づけていくのです。

 

 

筋トレのための筋トレで

終わるのは非常にもったいないですから、

 

ぜひあなたも

まずは内股になってしまうシーンを

洗い出し、

 

そこを筋トレと繋げて

トレーニングしていくようしてみてください。

 

 

パーソナルトレーニングだと、

パーソナルトレーナーとの約束などで

プラス強制力も働きますから、

 

より早く狙った結果を得ることが

出来ることでしょう。

 

 

あなたのボディラインや痛みについての

悩みがなくなりますよう

微力ながら応援しております。

 

この記事に関連する記事一覧