パーソナルトレーニング 姿勢改善 ヒップアップ 大阪 心斎橋

姿勢改善・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング k.c.lab

ヒップアップや脚の引き締めに大事な階段の上り方

 


大阪・心斎橋で、骨格ラインを整える良好な姿勢づくりの

パーソナルトレーニングを実施している、

美姿勢・美脚スペシャリストの桑野です。

 

あなたは階段を上る機会は

1日に何回ありますか?

 

また、もし上る機会があるようでしたら、

身体のどこを使って上っていますか?

 

JRや地下鉄などの駅の階段

家やマンションなどの階段

職場のビルの階段。。。

 

階段を使う機会は普段の生活の中で

意外と多くありますよね。

 

もしかしたら

ここでの使い方があなたの脚のラインを

決めている可能性があるかもしれません。

 

今回も

普段の生活で大切な身体の使い方について、

 

「階段の上り方」

に絞ってお伝えします。

 

脚を太くしてしまう階段の上り方

 

階段を上る際に、

どこを使って上ったかは

実は上り終わった後に良く分かります。

 

あなたは階段を上り終わった後、

太ももの筋肉に疲労感を感じたことはありませんか?

 

もし感じたことがあるようでしたら、

太ももを使って階段を上ったことになります。

 

ということは、

普段から太ももの筋肉を使って

階段を上っているので、

 

ヒップアップや脚の引き締めに

大事なお尻や内ももの筋肉を使うことが出来ず、

 

逆に太ももを太くするのを

助長させてしまっていることになるのです。

 

大切なのは股関節から上ること

 

では、

どこを使って階段を上れば良いのか、

 

何度もいろいろな場面で

お伝えしているかもしれませんが、

「股関節」

です。

 

そもそも太ももの筋肉を使って

階段を上っているということは、

 

「膝」をメインで使って上っている、

ことになります。

 

「股関節」を使うと、

その周りに付いている

お尻や内ももの筋肉を使うことになるので、

 

太ももは太くならずに

逆にヒップアップや脚の引き締めに

つながるわけです。

 

トレーニングでは必ず「股関節」を

使うように指導されることが多いはずです。

 

それがトレーニングの時間だけだと

もったいないですから、

 

普段の生活でも使えるように

意識してみてください。

 

ちなみに階段で「股関節」を使うには、

上る脚側のお尻を少し後ろに引きながら

上るのがコツです。

 

もしやってみて不明な場合は

遠慮なくお聞きください。

 

もしくは他の専門家に聞いてみるのも

良いかと思います。

 

ちょっとしたところですが、

毎日の身体の使い方で

あなたの二の腕やお腹やお尻や太ももやふくらはぎなどの

形が決まっていきます。

 

ぜひ出来るところから

取り組んでみてください。

 

このブログがあなたヒップアップや

脚の引き締めを達成するための助けとなれば幸いです。

 

ありがとうございます。

 

この記事に関連する記事一覧