パーソナルトレーニング 姿勢改善 ヒップアップ 大阪 心斎橋

姿勢改善・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング

ヒップアップした美尻をつくるためのパーソナルトレーニングとは

 


ヒップアップした形の良い美尻をつくる上で
大切なポイントをこのブログではお伝えしていますが、
 
今回は実際に私のパーソナルトレーニングを受けられたお客様が、
どのような流れでトレーニングを実践していったのか、
ステップバイステップ形式で今回はお伝えし、
最後には結果の写真も見て頂こうと思います。
 
 
大阪はもちろん、
私が活動している心斎橋でも、
ヒップアップや美尻などの専門パーソナルトレーニングジムが増えてきました。
 
各ジムでヒップアップさせるための方法は色々あるかと思いますが、
今回お伝えするのはあくまで私が最も効果的で効率的だと思っているトレーニングの流れです。
 
 
ぜひ
「ヒップアップ させたい!」
「美尻をつくりたい!」
とトレーニングを頑張ろうしているあなたは参考にしてください。
 
 

 まずは身体の中心から整える

 

 

私の場合は、

ヒップアップ や美尻だからといって

いきなりお尻からトレーニングすることはほとんどありません。

 

 

なぜならお尻の筋肉は骨盤の上についており、

骨盤に歪み(正確にはズレ)があると

お尻の筋肉が上手く鍛えられないばかりか、

下手するとお尻の形が悪くなりかねないからです。

 

 

なのでまずは骨盤を整えないといけないのですが、

その骨盤は背骨と繋がりがあるため、

背骨を動かして“背骨と骨盤同時に”整えるための

エクササイズを最初に実施していきます。

 

 

ここでのポイントは、

 

『背骨のコントロールとお腹周りの筋肉の使い方。』

 

 

背骨は首のところから腰のところまで

繋がっている長い骨たちなのですが、

 

あなたはこの背骨を思い通りに動かすことが出来ますか?

 

 

背骨をある程度自分で動かすことが出来なければ、

適切な位置で背骨をキープすることが出来ません。

 

 

そうなると、

背骨と繋がっている骨盤も適切な位置でキープすることが出来ず、

その状態でお尻のトレーニングをしても

ヒップアップ や美尻からは遠回りとなってしまうわけです。

 

 

ですから背骨のコントロールが出来るための

トレーニングはとても大事。

 

 

お腹周りの筋肉の使い方に関しては、

お腹のインナーマッスルが正しく使えているかを

トレーナーである私はもちろん、

私のパーソナルトレーニングを受けられるお客様にも

ご自身で触って確認をしてもらいながら進めていきます。

 

 

お腹周りのインナーマッスルを適切に使うことが出来ると、

脚を使った大きな動きをしても骨盤を安定させてたまま動くことが出来るため、

効率的にお尻の筋肉を使うことが出来るようになるのです。

 

 

以上の理由から、

 

1.まず最初に背骨コントロールのためのエクササイズ
2.お腹周りのインナーマッスルの使い方を修得するためのエクササイズ

 

この2つは必ず実施していきます。

 

 

 お尻の筋肉をバランスよく鍛える

 

 

背骨と骨盤を整えた後に

今度はお尻のトレーニングをしていくのですが、

 

ただお尻を鍛えたら良いというわけではありません。

 

 

お尻の筋肉は細かいものも入れると9個ほど筋肉があり、

これらをバランス良く鍛えていく必要があるのです。

 

 

もし、偏ったお尻の筋肉の鍛え方をしていると、

お尻の形が悪くなってヒップアップ や美尻を達成することは難しくなりますし、

もしかしたらお尻を痛めてしまう、、、

ということになってしまうかもしれません。

 

 

もしあなたが今はお尻の筋トレを1種目だけしかしていないのであれば、

他の種目もするようにしてください。
個人的には出来れば4種目ほど実施することをオススメ致します。

 

 

私のパーソナルトレーニングだと、

お尻の筋肉を偏りなく丁寧に(ときに悲鳴をあげるくらい)じっくり鍛えていくようにしています。

 

 

 身体を連動させること

 

 

ヒップアップした美尻をつくるために、

背骨と骨盤を整え、お尻の筋肉をバランス良く鍛えていきますが、

これで終わりではありません。

 

 

「私たちの身体は毎日の食事で出来ている」

 

 

これは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、

それと同じで、

「私たちのボディラインは毎日の身体の動かし方で形作られている」

 

のです。

 

 

どういうことかというと、

例えば毎日の通勤で歩いたり電車の中で立ったり、

オフィスの階段の上り下りを太ももばっかり使って動いていたら、

太ももが太くなる確率が高くなります。

 

逆にお尻(股関節)を使っていたら、

ヒップアップしたお尻になっている可能性が高い、

 

ということなのです。

腕を動かさないよりも

腕を振って歩いた方が歩きやすいのと同じように、

 

私たちは股関節だけ、お尻だけ、

と単独の関節だけ動かして歩くことは出来ません。

 

 

足首や膝や骨盤などの各関節と連動しながら動いているため、

連動しながらも股関節(お尻)をメインで動かしていけるようにトレーニングしなければならないのです。

 

それを、私とのパーソナルトレーニングではじっくりと実践していきますから、

早い方は1時間後でもヒップアップした感覚を得られる方もいます。

 

 

そしてトレーニングと合わせて少しずつ日常における身体の使い方を変えていけば、

ヒップアップした形の良い美尻を手に入れ、

 

尚且つずっとキープすることが可能となるわけです。

 

 

 まとめ

 

 

ヒップアップした美尻をつくる流れとして、

 

1.背骨と骨盤を整え、お腹の筋肉を正しく使う。

2.お尻の筋肉をバランスよく鍛える。

3.身体を連動させながらもお尻をメインで使い、

   日常でも同じように使えるようにしていく。

 

以上のことを必ずおさえながら、

丁寧に私のパーソナルトレーニングは実施していきます。

 

 

ちなみに最近受けられた方々の経過です。

 

 

 

 

きっちりとポイントをおさえながら進めていくと、

良い結果が出る確率が限りなく高まっていきます。

 

ぜひお尻周りや太もも周りが気になるあなたは

参考にしてみてください。

 

 

ありがとうございます。

1 2 3 94