パーソナルトレーニング 姿勢改善 ヒップアップ 大阪 心斎橋

姿勢改善・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング k.c.lab

ヒップアップした美尻をつくるためのパーソナルトレーニングとは

 


ヒップアップした形の良い美尻をつくる上で
大切なポイントをこのブログではお伝えしていますが、
 
今回は実際に私のパーソナルトレーニングを受けられたお客様が、
どのような流れでトレーニングを実践していったのか、
ステップバイステップ形式で今回はお伝えし、
最後には結果の写真も見て頂こうと思います。
 
 
大阪はもちろん、
私が活動している心斎橋でも、
ヒップアップや美尻などの専門パーソナルトレーニングジムが増えてきました。
 
各ジムでヒップアップさせるための方法は色々あるかと思いますが、
今回お伝えするのはあくまで私が最も効果的で効率的だと思っているトレーニングの流れです。
 
 
ぜひ
「ヒップアップ させたい!」
「美尻をつくりたい!」
とトレーニングを頑張ろうしているあなたは参考にしてください。
 
 

 まずは身体の中心から整える

 

 

私の場合は、

ヒップアップ や美尻だからといって

いきなりお尻からトレーニングすることはほとんどありません。

 

 

なぜならお尻の筋肉は骨盤の上についており、

骨盤に歪み(正確にはズレ)があると

お尻の筋肉が上手く鍛えられないばかりか、

下手するとお尻の形が悪くなりかねないからです。

 

 

なのでまずは骨盤を整えないといけないのですが、

その骨盤は背骨と繋がりがあるため、

背骨を動かして“背骨と骨盤同時に”整えるための

エクササイズを最初に実施していきます。

 

 

ここでのポイントは、

 

『背骨のコントロールとお腹周りの筋肉の使い方。』

 

 

背骨は首のところから腰のところまで

繋がっている長い骨たちなのですが、

 

あなたはこの背骨を思い通りに動かすことが出来ますか?

 

 

背骨をある程度自分で動かすことが出来なければ、

適切な位置で背骨をキープすることが出来ません。

 

 

そうなると、

背骨と繋がっている骨盤も適切な位置でキープすることが出来ず、

その状態でお尻のトレーニングをしても

ヒップアップ や美尻からは遠回りとなってしまうわけです。

 

 

ですから背骨のコントロールが出来るための

トレーニングはとても大事。

 

 

お腹周りの筋肉の使い方に関しては、

お腹のインナーマッスルが正しく使えているかを

トレーナーである私はもちろん、

私のパーソナルトレーニングを受けられるお客様にも

ご自身で触って確認をしてもらいながら進めていきます。

 

 

お腹周りのインナーマッスルを適切に使うことが出来ると、

脚を使った大きな動きをしても骨盤を安定させてたまま動くことが出来るため、

効率的にお尻の筋肉を使うことが出来るようになるのです。

 

 

以上の理由から、

 

1.まず最初に背骨コントロールのためのエクササイズ
2.お腹周りのインナーマッスルの使い方を修得するためのエクササイズ

 

この2つは必ず実施していきます。

 

 

 お尻の筋肉をバランスよく鍛える

 

 

背骨と骨盤を整えた後に

今度はお尻のトレーニングをしていくのですが、

 

ただお尻を鍛えたら良いというわけではありません。

 

 

お尻の筋肉は細かいものも入れると9個ほど筋肉があり、

これらをバランス良く鍛えていく必要があるのです。

 

 

もし、偏ったお尻の筋肉の鍛え方をしていると、

お尻の形が悪くなってヒップアップ や美尻を達成することは難しくなりますし、

もしかしたらお尻を痛めてしまう、、、

ということになってしまうかもしれません。

 

 

もしあなたが今はお尻の筋トレを1種目だけしかしていないのであれば、

他の種目もするようにしてください。
個人的には出来れば4種目ほど実施することをオススメ致します。

 

 

私のパーソナルトレーニングだと、

お尻の筋肉を偏りなく丁寧に(ときに悲鳴をあげるくらい)じっくり鍛えていくようにしています。

 

 

 身体を連動させること

 

 

ヒップアップした美尻をつくるために、

背骨と骨盤を整え、お尻の筋肉をバランス良く鍛えていきますが、

これで終わりではありません。

 

 

「私たちの身体は毎日の食事で出来ている」

 

 

これは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、

それと同じで、

「私たちのボディラインは毎日の身体の動かし方で形作られている」

 

のです。

 

 

どういうことかというと、

例えば毎日の通勤で歩いたり電車の中で立ったり、

オフィスの階段の上り下りを太ももばっかり使って動いていたら、

太ももが太くなる確率が高くなります。

 

逆にお尻(股関節)を使っていたら、

ヒップアップしたお尻になっている可能性が高い、

 

ということなのです。

腕を動かさないよりも

腕を振って歩いた方が歩きやすいのと同じように、

 

私たちは股関節だけ、お尻だけ、

と単独の関節だけ動かして歩くことは出来ません。

 

 

足首や膝や骨盤などの各関節と連動しながら動いているため、

連動しながらも股関節(お尻)をメインで動かしていけるようにトレーニングしなければならないのです。

 

それを、私とのパーソナルトレーニングではじっくりと実践していきますから、

早い方は1時間後でもヒップアップした感覚を得られる方もいます。

 

 

そしてトレーニングと合わせて少しずつ日常における身体の使い方を変えていけば、

ヒップアップした形の良い美尻を手に入れ、

 

尚且つずっとキープすることが可能となるわけです。

 

 

 まとめ

 

 

ヒップアップした美尻をつくる流れとして、

 

1.背骨と骨盤を整え、お腹の筋肉を正しく使う。

2.お尻の筋肉をバランスよく鍛える。

3.身体を連動させながらもお尻をメインで使い、

   日常でも同じように使えるようにしていく。

 

以上のことを必ずおさえながら、

丁寧に私のパーソナルトレーニングは実施していきます。

 

 

ちなみに最近受けられた方々の経過です。

 

 

 

 

きっちりとポイントをおさえながら進めていくと、

良い結果が出る確率が限りなく高まっていきます。

 

ぜひお尻周りや太もも周りが気になるあなたは

参考にしてみてください。

 

 

ありがとうございます。

ヒップアップして脚が引き締まった方の事例

 


大阪・心斎橋でパーソナルトレーニングをしている、

姿勢改善・ヒップアップ専門トレーナーの桑野です。

 

 

今回は今年の1月から

トレーニングを開始された方の経過の報告です。

 

 

30代女性のKさん。

 

一番最初にカウンセリングをすると、

 

「下半身を中心に身体を引き締めたいです!」

「特にお尻周りが気になっています!」

 

とのことでした。

 

 

まずは骨の位置のチェック、

つまり姿勢のチェックです。

 

Kさんは元々細身ということもあり、

姿勢は悪くありません。

 

 

しかし、

次の動作チェックで問題点が

出てきました。

 

Kさんは

歩く、立つ、座るなどの

脚を使った動きをするときは、

 

太ももの筋肉を中心に使っていることが判明。

 

 

私のブログでは何度も

出てきていることかもしれませんが、

 

太ももの筋肉を中心に

脚を動かしていると、

 

お尻の筋肉が使いにくくなってしまい、

 

ヒップアップや太ももの引き締めが

出来ない可能性が高くなってしまうのです。

 

 

Kさんもこのケースに当てはまりましたので、

 

まずは脚を正しく使えるようになることから

始めていくことにしました。

 

 

部分→全体

 

 

そうは言っても

いきなり立ったままで太ももの筋肉は使わずに、

 

お尻の筋肉を使えるようになるのは難しいですから、

 

まずはマットに寝そべったままで

お尻の筋肉を単独で鍛えるようなトレーニングをしていきます。

 

 

最初からなかなかきついトレーニングなのですが、

 

人によってはこのトレーニングだけで

ヒップアップした感覚が出る人もいるほどです。

 

そしてその後に立ったままでも

お尻の筋肉を鍛えるようなトレーニングを

実施していきます。

 

スクワットがとても効果的なのですが、

いきなりスクワットをしてもお尻の筋肉が

使えないだけでなく、

 

逆に太ももの筋肉を一生懸命鍛えてしまう

リスクもありますので、

 

少し形を変えながら、

 

でも最終的にはスクワットでもお尻の筋肉を

使っている感覚が出るように

丁寧にトレーニングを進めていきました。

 

(もちろん最適な骨の位置で安定させるための

背骨や骨盤や股関節などのインナーマッスルを

鍛えるトレーニングも実施しています。)

 

 

約2ヶ月で変化が出てくる

 

 

週1回のトレーニング約2ヶ月ほど

続けた結果が次の写真です。

 

ヒップアップして

お尻と脚が引き締まってきています。

 

 

Kさんからは

「最近新しいデニムを買ったのですが、

一つサイズダウンしたものでも難なく履けました!」

とご報告を頂きました。

 

(さらに理想の身体をつくるべく

これからもトレーニングを頑張るようです。

ちなみにKさんの今後のポイントは足指です。)

 

 

これはただトレーニングをしただけの

結果ではありません。

 

私は日常生活における身体の使い方を

重要視しておりますので、

 

必ずそのアドバイスをして

実行して頂くようにしています。

 

 

そのアドバイスは

決して難しいものではなく、

 

立っているときにどこを使っているか

歩くときはどの筋肉を使うのか

座るときは?

階段は?

・・・

 

というように

ステップバイステップで

一つずつクリアしてもらいながら、

 

気づいたらヒップアップや脚の引き締めは

もちろん、

 

姿勢良くなり見た目が良くなっている

ような流れでお伝えしています。

 

 

もしこのブログをご覧になられて

私のパーソナルトレーニングに興味がある方は、

 

ぜひ一度体験を受けてみてください。

 

→お問い合わせ

 

前のジムではここまで教えてもらえませんでした。。。

 


大阪・心斎橋でパーソナルトレーニングをしている、

ヒップアップ専門トレーナーの桑野です。

 

 

「ヒップアップさせるためには

私はここまでする必要があったんですね。

前のジムでは教えてもらえませんでした。。。」

 

 

このように言われた40代のAさんは、

 

以前は心斎橋にある別のパーソナルトレーニングの

ジムに通われていて、

特にお尻周りを引き締めたい!と

頑張っておられたようです。

 

 

自分1人ではなかなか運動できないし、

お尻を鍛えた感じがあり

筋肉痛もある、

 

これなら期待できそう!

 

・・・

 

 

でも週1回のトレーニングを

3ヶ月ほど続けたけど

思ったより変化がない。。。

 

逆に最近デニムがきつくなってきたかも。。。

 

 

一旦そのジムは退会し、

しばらく経ってからたまたま私のホームページを

見つけて体験に来られました。

 

 

トレーニングは上手。でも・・・

 

 

私の体験では、

まずは手技や簡単なエクササイズで

骨や関節の位置を良くしていき、

 

身体が整っているのはどういう状態か

の感覚を掴んでいただくことを重視しています。

 

そこから少し負荷をかけたトレーニングをしていく、

という流れ。

 

 

そしてAさんの場合も同じように、

まずは身体を整えて

その状態を維持しながらトレーニングを実施。

 

・・・

 

Aさんは以前もジムに通っていたこともあって

身体の動かし方はとても上手い。

 

きっちりと

形を意識しながら使いたい筋肉を

使っている感じもある、とのこと。

 

そのときは私も

「これなら結構早く結果が出そうだな。」

と思ったぐらいでした。

 

 

でも、

休憩のときの座り方や

移動のときの歩き方が気になりました。

 

どのように座っていたかというと、

以前もこのブログで紹介したこともある、

(→心斎橋に向かう電車の中で気づいた脚の引き締めに大切なこと)

 

この座り方。

 

 

そして歩いているときも、

膝が内に入ってしまっている

歩き方だったのです。

 

 

普段の身体の使い方が大事

 

 

私とのトレーニングでは、

必ず普段の生活でも

使って欲しい筋肉を鍛えていき、

 

その練習もしていきます。

 

 

Aさんだけに限らず多くの方が

そうなのですが、

 

まずは

「立ち方」や「座り方」

から始めていきます。

 

 

止まっている状態で正しい身体の使い方が

出来ないのに、

 

「歩いたり」「走ったり」

「階段の上り下り」

などで正しく身体を動かせるわけがない、

 

という考えからです。

 

 

Aさんはパーソナルトレーニングのときは

上手に身体を動かすことができ、

使いたい筋肉を鍛えることが出来るのですが、

 

トレーニングが終わって日常に戻ると

いつもの身体の使い方に戻ってしまい、

 

筋肉痛はでるものの、

パーソナルトレーニングで使えていたところを

普段の生活でも使えるところまでは

落とし込めていなかったのです。

 

 

効率的に身体を変えていくためには

 

 

早速Aさんに日常での身体の使い方を

変えていく必要があることを伝え、

 

筋トレ以外にも身体の使い方の

トレーニングを実施していきました。

 

 

すると、

1ヶ月ほどで

「少しヒップアップした感じがします!」

という感想を頂き、

 

2ヶ月で

「以前きつくなっていたデニムが

スムーズに履けるようになってました!」

との感想と同時に、

冒頭でご紹介したお声も頂いたのです。

 

 

もちろん現在も継続されて

私とのパーソナルトレーニングに

お越しになられており、

 

どんどんお尻の形や脚のラインがキレイに

なってきています。

 

 

 

もちろんパーソナルトレーニングですから

筋トレは大切。

 

でも効率的に身体を変えていくには

普段の身体の使い方を変えていく

トレーニングも実施した方が良いのです。

 

 

もし現在筋トレをしているけれども

狙ったような結果が出ていない方は、

 

普段の身体の使い方を見直してみるようにしてみてください。

 

 

まだトレーニングはしていないけど

効率的に身体を引き締めていきたい

という方は、

 

私のトレーニングはどんなものなのか

一度体験を受けてみてください。

→お問い合わせ

 

 

「ヒップアップした形の良いお尻」、

「真っ直ぐ引き締まったキレイな脚」を

目指しているあなたを応援しております。

 

ありがとうございます。

姿勢改善がお腹引き締めの効率的な方法

 


大阪・心斎橋でパーソナルトレーニングをしている、

姿勢改善専門トレーナーの桑野です。

 

 

ある講座で、

「お腹周りを引き締めたいのですが、

腹筋運動をかなりやってもなかなか引き締まりません。。。」

 

と質問を受けました。

 

 

お腹周りを引き締める=腹筋運動

 

というイメージがあったようで、

週に3~4回は自宅で腹筋を頑張られていたようです。

 

 

しかし、

『お腹の筋肉をつけたい=腹筋』

は合っていますが、

 

『お腹周りの引き締め=腹筋』

は必ずしも当てはまるわけではありません。

 

むしろ

私の経験上、腹筋だけを頑張っても

お腹周りが引き締まらない人の方が

多いイメージです。

 

 

あなたもそんな経験をしたことはありませんか?

 

 

お腹周りを引き締めるには

コツがあるのです。

 

 

今回はお腹周りを引き締めたい方には

大切なポイントをお伝えします。

 

 

姿勢改善がお腹周り引き締めの土台

 

 

何度も私のホームページでは

出てくる言葉かもしれませんが、

 

まずは骨があり、

骨の上に筋肉が付いているため、

筋トレをする前にまずは鍛えたいところ周辺の

「骨や関節の状態」を良くしていく必要があります。

 

 

お腹周りの場合は肋骨と骨盤の位置関係が重要。

 

 

少しイメージしてみてください。

 

 

「姿勢が悪いけどお腹周りは引き締まっている」

 

という人はいないと思いませんか?

 

例えば

猫背の方の場合は

肋骨が下に落ちてしまい、

骨盤も丸まっています。

 

 

そうなると、

肋骨と骨盤の距離が近づきすぎてしまって

お腹はたるみやすくなってしまいます。

 

筋肉には適切な長さがあるため、

縮まり過ぎても伸び過ぎてもダメなのです。

 

 

骨を適切な位置に修正していくことが大事。

 

つまり、

 

『姿勢が悪いとお腹周りは引き締まらない』

 

ということです。

 

 

もし今まで姿勢を気にしたことがないようでしたら、

1日の中で数回そして時間は数秒からでも構いません。

 

 

今のご自身の姿勢を見直してみることを

お勧めします。

 

 

お腹周りを引き締める一番の運動

 

 

姿勢が整ったら、

その次に筋肉です。

 

 

と言っても

仰向けになって行う上体起こしのような

腹筋運動を勧めるわけではありません。

 

 

お腹を引き締めるための筋肉は

表面の筋肉ではなく、深層の筋肉です。

(よくある腹筋運動はほとんどが表面の筋肉を鍛えます。)

 

そこで私がお勧めするのは、

 

 

『呼吸』

 

 

一見簡単なように思えますが、

実は意外と侮れません。

 

 

方法としては、

 

1.脇腹に手を当てる

2.息を吸いながら脇腹が膨らむのを手で感じる

3.息を吐きながら脇腹がへこんでいくのを手で感じる

4.2と3を繰り返す

5.慣れたら脇腹がへこんでいる状態をキープする

 

 

テレビや雑誌などでは

「ドローイン」

といって、

 

お腹を意識的にへこましましょう!

という内容をときどき見かけるのですが、

 

それだと

お腹の正面だけになりがちです。

 

 

もしあなたが、くびれもつくって

お腹周り全体を引き締めたいのであれば、

 

脇腹を意識することが大切なのです。

 

 

姿勢➜お腹の筋肉

 

 

もちろん、

この呼吸をする場合は

先に姿勢を整えることが先となります。

 

 

背骨がしっかりと上に引っ張られる

イメージを持って、

 

それを保ったまま呼吸を

実施してください。

 

 

慣れたら、脇腹をへこませたまま

キープするのも

忘れないようにします。

 

 

このように、

お腹の引き締めの場合も

 

『骨を整える(姿勢を整える)』

 

ことが第一です。

 

 

もしあなたが効果的に

身体を引き締めていきたいのであれば、

 

これを覚えておくようにしてください。

 

 

最初にご質問を頂いた方も、

これを中心とした私のトレーニングを

受けることでお腹の引き締めを実感されているようです。

 

(ご本人の許可を得て掲載しています。)

 

 

このブログがあなたのお腹を引き締めるための

助けとなれば幸いです。

 

ありがとうございます。

姿勢改善とヒップアップのパーソナルトレーニングの事例

 


大阪・心斎橋でパーソナルトレーニングをしている、

姿勢改善・ヒップアップ専門トレーナーの桑野です。

 

 

姿勢改善とヒップアップは

身体の見た目を変えるだけでなく、

 

痛みが出ない快適な身体を

つくるためにも必要だということを

私はいつもお話していますが、

 

具体的に

どのような状態から

どんなトレーニングをして

どこから変わっていったか、

 

今回は最近のお客様の例で

お伝えしていきます。

 

 

身体を引き締めたいが不安もある

 

 

今年の夏ごろ初めて私のところに

来られた40代のTさんは、

 

以前からだんだんと崩れてきた

スタイルを気にしており、

 

運動をした方が良いのは

分かっているけど

 

ときどき出る膝の痛みも

気になって。。。

 

という状態でした。

 

 

パーソナルトレーニングというと、

 

ダンベルやバーベルなどの

重りを持って

歯を食いしばりながら

頑張れる人が受けるもの。

 

というイメージだったようです。

 

 

最初に実施したことは

骨の動きを感じてもらうこと。

 

背骨の動かし方

肩甲骨の動かし方

股関節の動かし方

骨盤と股関節の連動

など。

 

正しく骨を動かすと、

その周りについている筋肉も

自然と働いて筋バランスが良くなってきます。

 

 

そうなると

立ち姿勢にも変化が出て、

 

写真でのビフォーアフターでは、

「私はこんなに猫背だったんですね。

最初と全然違う!」

と驚かれていました。

 

 

メリハリのある身体と快適な身体をつくるポイント

 

 

立ち姿勢が良くなれば、

骨の位置が整ったことに

なりますので、

 

次は本格的な筋トレ。

 

といっても

いきなりダンベルやバーベルを

持ってガンガン鍛えるわけではなく、

 

まずはご自身の身体の重さだけで

トレーニングを行います。

 

 

必要があれば重りも使いますが、

身体の引き締めは自分の身体の重さ

 

いわゆる「自重」で十分。

 

メインはTさんの膝痛の原因にもなっており、

Tさん自身も一番気にしていた

「お尻」の筋トレ。

 

ヒップアップさせていくには欠かせません。

 

 

ただし

ただ筋トレをするだけではありません。

 

しっかり使っている筋肉を

感じることが出来たら、

 

それを日常での動き、

 

つまり、

立ったり

座ったり

歩いたり

の動きでもお尻の筋肉を

動かせるようなトレーニングをしていきます。

 

 

始めは

 

「筋肉痛が出ました(笑)」

 

と今まで使っていなかったところに

筋肉痛が出ていましたが、

 

トレーニングを初めて

約3ヶ月、

 

「お尻の形が変わった気がします!

きつめだったパンツが楽に履けるようになりました!」

 

というご報告を頂き、

 

「そういえば何となく気にしていた

膝の痛みは今のところ出てません!」

 

と膝の不安も気が付けば

なくなっていたようです。

 

※ご本人の許可を得て掲載しています。

 

Tさんの場合はこのような流れで

トレーニングを進めていますが、

あくまで一例です。

 

もちろんお一人お一人の

身体は違いますから、

 

全く同じ進め方をするわけではありません。

 

ただ、

「姿勢改善ヒップアップ」

そして

「日常生活に活かせる筋トレ」

 

これらは

身体を変え、快適な身体を

手に入れ、

 

尚且つそれを一生ご自身で

キープ出来るようにしていくためには

必要不可欠だと私は考えています。

 

 

もし

Tさんと同じように

身体を引き締めて不安のない

快適な身体をつくっていきたい方は

 

下記問い合わせフォームにて

ご連絡ください。

 

⇒問い合わせフォーム

 

 

ありがとうございます。