パーソナルトレーニング 姿勢改善 ヒップアップ 大阪 心斎橋

姿勢改善・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング k.c.lab

ほっそりとした足首の美脚になる方法

 


大阪・心斎橋で、骨格ラインを整える良好な姿勢づくりの

パーソナルトレーニングを実施している、

美姿勢・美脚スペシャリストの桑野です。

 

下半身の中で一番露出が多くなるところ。

 

それは「足首」です。

 

ヒップアップや太ももを引き締めたい

という方はもちろん多いですが、

それに次いで足首の太さに悩む

女性も多くおられるようです。

 

今回はほっそりとした足首を

つくっていくにはどのようにしたら良いのか、

二つの大切なポイントをお伝えします。

 

足首の柔らかさが必要

 

あなたは地面に膝を伸ばして座り(長座)、

そのまま足首を曲げたとき、

どのくらいまで曲げることが出来るでしょうか?

 

90度以上曲げることが出来ればOKなのですが、

意外と90度近辺まで、とか、

90度も曲がらない、という方も多いです。

 

頑張って曲げようとすると

ふくらはぎが痛いくらい伸び感を

感じるかと思いますが、

 

実はこのふくらはぎがポイントなのです。

 

ふくらはぎは、しっかり動くことで

足首周りに溜まった血液や老廃物を

上に押し戻す役割を担っています。

 

ここが硬くなってしまうと、

なかなか思うように循環しなくなってしまうのです。

 

そうなるとむくみが出やすくなり、

それが続くと慢性的な足首の太さになっていってしまいます。

 

足首がほっそりしている方の

多くは足首が柔らかい場合がほとんどです。

 

ふくらはぎと足首は連動していますから、

もしあなたの足首が硬いのであれば、

ふくらはぎのストレッチから始めると

良いかもしれません。

(例外もあり)

 

足裏のインナーマッスルを使いましょう

 

そしてもう一つ、

足首を引き締めていくための重要ポイントとして、

 

「足の指を上手に動かせるかどうか」

があります。

 

足裏には左右で約50もの骨があり、

足裏の骨がずれると、

すぐ近くにある足首の周りも

バランスが崩れてしまうため、

足首に悪影響を与えやすいのです。

 

足裏を整えるためには、

足裏周りにあるインナーマッスルを

鍛えなければいけません。

 

そして足の指を使うことで、

足裏のインナーマッスルは使うことが出来ます。

 

例えば、

「指の付け根からグーが出来るか」

「親指が上のチョキが出来るか」

「親指が下のチョキが出来るか」

「足裏を地面につけ、指で地面をつかむ動作をしたときに、

足指がタコ足になっているか」

 

このような足指の動きが出来る必要があるのです。

 

「足首の柔らかさ」と

「足の指が使えていること」。

 

細かいところですが、

ほっそりとした足首のためには

どれも欠かせません。

 

もしあなたがほっそりとした足首の美脚を

つくりたいのであれば、

ぜひ実践してみてください。

 

このブログがあなたの足首のラインを

変える助けとなれば幸いです。

 

ありがとうございます。

筋トレでボディメイクを達成する方法

 


大阪・心斎橋で、骨格ラインを整える良好な姿勢づくりの

パーソナルトレーニングを実施している、

美姿勢・美脚スペシャリストの桑野です。

 

脚のトレーニングと言えば

あなたは何を思い浮かべますか?

 

ヒップアップのためでも、

脚の引き締めのためでも

何でも構いません。

 

たくさんあるトレーニングの中でも

とても有名なのが、

 

「スクワット」

 

よくテレビや雑誌などでも紹介されていますし、

モデルさんやタレントさんでも

このトレーニングをされている方は

たくさんいらっしゃいます。

 

そして、

もしあなたが身体を引き締めたいのであれば

ぜひ実施して頂きたいトレーニングでもあります。

 

しかし、

こんなに有名なトレーニングである

スクワットが、

 

実は脚を太くしている可能性もある、

ということをあなたはご存知でしたでしょうか?

 

スクワットにとても多い間違いとは

 

よく、テレビや雑誌などであれば、

 

「10~20回を3セット程行いましょう。」

 

と案内されることが多いかと思います。

 

あなたがスクワットを実施したときは、

どこの筋肉を使っていましたでしょうか?

 

もし、

太ももの前の筋肉を使っていたのであれば、

それは要注意かもしれません。

 

なぜなら、

それで太もも周りがたくましくなってしまう

可能性があるからです。

 

スクワットで使っている筋肉は、

日常生活でもよく使います。

 

つまり、

「立ったり座ったりの毎日の動作のときに、

太ももの前の筋肉をメインで使ってしまいやすい。」

ということです。

 

筋肉は、普段使っているところが

発達しやすいですので、

「スクワットをしていたら脚が太くなってきた!」

という女性が実は結構多いのです。

 

もちろんスクワットをして引き締まってきた等の

効果が出ている方もいますので、

その場合はぜひそのまま続けてください。

 

しかし、

一生懸命頑張っても効果が出ていない、

もしくは逆にボディラインが崩れてきた場合は

やり方を修正する必要があるのです。

 

あなたに合ったトレーニングが必要

 

あなたがスクワットをしていてそうなる前に、

もしくはそうなってしまっているとしたら、

 

あなたが信頼できるトレーナーに

一度見てもらってみてください。

 

効果が出ないからといって

トレーニング自体をやめてしまうのは

とてももったいないです。

 

身体を引き締めていくには

必ず筋トレは必須です。

 

ただ、

狙った効果を出していくには、

 

どんな種目をやるか

何回やるのか

 

も大事ですが、

 

同じ種目でも、

 

姿勢

脚幅

角度

意識する場所

など、

 

とても細かい部分が必要なのです。

 

病院でもあなたの

症状や既往歴などによって

処方される薬が変わります。

 

トレーニングも同じで、

個々の身体の特性に合わせて

細かく修正をしなければなりません。

 

薬があなたの症状と違うものであれば

効かないように、

 

トレーニングもあなたに合っていなければ

上手にボディメイク出来ないのです。

 

パーソナルトレーニングであれば

トレーナーと1対1ですから、

 

あなたに合ったオーダーメイドの

トレーニングが可能となります。

 

あなたが必ずボディメイクを

達成したいのであれば、

パーソナルトレーニングを

受けてみられることをお勧めします。

 

このブログがあなたのボディメイクの

手助けとなれば幸いです。

 

ありがとうございます。

 

ボディメイク(姿勢改善・ヒップアップ等)に必ず必要なトレーニングとは⁉

 


大阪・心斎橋で、骨格ラインを整える良好な姿勢づくりの

パーソナルトレーニングを実施している、

美姿勢・美脚スペシャリストの桑野です。

 

姿勢改善とヒップアップ、

他にも二の腕やお腹、太ももの引き締め、

バストアップなどのボディメイクに関して、

 

全てに共通する効果的なトレーニングがあることを

あなたはご存知でしょうか?

 

これを知ることで、

あなたは姿勢改善でもヒップアップでも、

ボディメイク系の目標は早く達成することが可能となります。

 

骨格を整えることがボディメイクの近道

 

筋肉は骨についています。

その骨が歪んでいたりズレていたりすると、

筋肉は正しく動くことが出来ません。

 

なので、

まずは骨の位置を正しく整えていく

必要があります。

 

方法としては、

整体やカイロプラクティック、

ストレッチやマッサージなどがありますが、

 

お勧めは、

「インナーマッスルを鍛える」

こと。

 

全部ではありませんが、

肩や背骨、骨盤や股関節などの

比較的歪んだりズレやすいところには

インナーマッスルが付着しており、

 

骨や関節の歪みやズレ=インナーマッスルの筋力低下

 

という公式になっています。

 

そしてインナーマッスルが働かないから

お尻が垂れてきてしまったり、

太ももの外側が張ってきたりするわけです。

 

整体やカイロプラクティックを受けて整えても良いのですが、

人の手でいくら骨格を整えても、

自分でインナーマッスルを鍛えなければ

また元通りになってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

もしあなたが

「猫背だから姿勢改善がしたい!」

「垂れてきたお尻を引き締めてヒップアップさせたい!」

「くびれをつくりたい!」

などのボディメイクをして、

なおかつ維持させたいのであれば、

インナーマッスルのトレーニングを行う必要があるのです。

 

骨格を整える(インナーマッスル)トレーニング→重りを持ったトレーニング

 

実はインナーマッスルのトレーニングは楽ではありません。

 

20代で運動経験がある方でも

筋肉痛がくることが多いため、

とてもきついです。

 

その代わり、

それだけでヒップアップしたり、

ウエストが引き締まったりするという効果もあります。

 

しかも、

自分で動かして骨格を整えていくため、

効果を長く維持することも可能となるのです。

 

もちろんダンベルやバーベル等の

重りを持ったトレーニングも

より筋肉を鍛えていくためには必要なときがあるでしょう。

 

しかし、

ただ闇雲にダンベルやバーベルの

トレーニングを行っても、

 

効果が出ないばかりか

場合によっては

逆に脚が太くなってしまったり

怪我をしてしまったりということもあるのです。

 

もしあなたが

確実に、しかも効率的に

姿勢改善やヒップアップ、

二の腕やお腹の引き締め等の

ボディメイクを達成させたいのであれば、

 

まずは

骨格を整えるトレーニング

(インナーマッスルトレーニング)

から始めていくようにしてみてください。

 

このブログがあなたのボディラインを

変える助けとなれば幸いです。

 

ありがとうございます。

ヒップアップした美尻・美脚は歩き方で決まる!

 


大阪・心斎橋で、骨格ラインを整える良好な姿勢づくりの

パーソナルトレーニングを実施している、

美姿勢・美脚スペシャリストの桑野です。

 

私たちは、ほとんどの方が、

この世に生まれて一年後くらいに歩きだしてから

現在までの数十年間、一歩も歩かない日はない生活をしています。

 

家から駅まで

駅から職場まで

買い物のとき

一歩も家から出ていなくても、

家の中でリビングまで、キッチンまで、トイレまで歩いて移動していると思います。

 

そんな中で、あなたは自身の歩き方を意識したことはありますか?

普段は無意識になりがちなその歩くという行為が、

実は自分のボディラインを作り上げていることはご存知でしたでしょうか?

 

今回は、

ヒップアップした美尻・美脚なキレイな身体をつくって

尚且つ維持していくために必要なことをお伝えします。

 

キレイなボディラインをつくる歩き方

 

 よく健康系番組や雑誌などで言われている歩き方として、

「背すじを伸ばして少し大股で、かかとから地面につけて腕を振って歩きましょう」

というものがあります。

 

間違いではないのですが、

この歩き方の意識だけでは美尻・美脚はもちろんのこと、

ヒップアップも難しくなりますし、身体を引き締めようと思って歩くにはまだ効率的ではありません。

重要な部分を付け足す必要があります。

 

ポイントは、

 

「どこの筋肉を使って歩けるか」

 

脚は骨盤のところから付いていますので、

骨盤と太ももの骨をつなぐ筋肉であるお尻の筋肉と、内ももの筋肉を使って歩く必要があるのです。

 

筋肉は使っていないとたるんでいきます。

その代表がお尻と内もも。

ここが使えるようになるとヒップアップはもちろんのこと、

太もももスッキリしていくのです。

 

普段の歩き方、足の使い方が現在のあなたの脚のラインをつくっています。

 

もしあなたが今まで太ももの表側や外側、ふくらはぎを使って歩いていたのであれば、

今日からぜひお尻と内ももで歩く意識を持ってみてください。

 

歩き方をマスターするために必要なこと

 

しかし、

意識しただけではなかなかお尻と内ももを使えない方がいるかもしれません。

 

そのときは、

「お尻と内もものトレーニングを行ってからもう一度歩いてみる」

ということをお勧めします。

 

マシントレーニングでも、マットエクササイズでも、

ゴムチューブを使ってでも構いません。

あなたがお尻や内ももの筋肉を意識しやすいトレーニングを一度行ってから、

その余韻を感じながらもう一度歩いてみると、

最初よりも感覚が掴みやすくなっていると思います。

 

歩くときは

「背すじを伸ばして少し大股でお尻と内ももを使って歩く」

 

このブログがあなたの脚のラインを、

ヒップアップした美尻・美脚にしていく助けとなれば幸いです。

 

ありがとうございます。

 

 

美脚の指標② 

 


 

大阪・心斎橋で、骨格ラインを整える良好な姿勢づくりを通して、

自信をもてるカラダへ変化させるパーソナルトレーニングを実施している、

美姿勢・美脚スペシャリストの桑野です。

 

 

カッコ良くてキレイ(美姿勢・美脚)な身体になるには

具体的にはどうなったら良いのか。

 

今回は

美脚になるためのポイントの続きです。

 

「足の指がきちんと使えているか」

 

ぜひ挑戦してみて頂きたいのですが、

 

親指が上のチョキや親指が下のチョキが出来ますか?

 

足先ではなく足指の付け根からのグーが出来ますか?

 

また、

グーやチョキをしたまま足首の曲げ伸ばしが出来ますか?

 

これがきちんと出来ないと美脚から遠のくばかりか、

足首のむくみや外反母趾、そしてO脚などの脚の歪みにもつながってしまいます。

 

私たちは重力を受けながら生活をし、

立っているときは両足に全体重が乗るのですが、

 

足の指がきちんと使えていなかったら筋肉のバランスが崩れてしまい、

体重の支え方に偏りが出て結果的に脚の歪みへとつながってしまうのです。

 

逆を言うと、

足の指をきちんと使うことが出来れば、歪まないキレイな脚のラインとなり

美脚に近づきます!

 

毎日立って歩いて足の指を使っているのですから、

足をキレイなラインにして美脚にするのも

足を歪ませてしまうのもあなたの使い方次第です。

 

あなたの脚は美脚かどうか、

 

ぜひチェックしてみてください^^