パーソナルトレーニング 姿勢改善 ヒップアップ 大阪 心斎橋

姿勢改善・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング k.c.lab

快適な身体をつくるために必須の呼吸とは

 


 

パーソナルトレーニングを受けられる方の

目標として、

 

 

・ダイエット

・お腹の引き締め

・ヒップアップ

・O脚改善

・肩や腰や膝などの痛み解消と予防

など

 

 

人それぞれによって違いがあります。

(私のところにお越しになる方は

ヒップアップなどお尻が気になる方が多いですが。)

 

 

目標が違うのであれば

それに伴って筋トレの種目や

回数、セット数、負荷のかけ方なども

当然ながら違ってきます。

(もちろん個人差もあり。)

 

 

しかし、

私とのパーソナルトレーニングでは

どんな目標があるにせよ

必ず実施している種目があるのです。

 

何かというと、

 

『呼吸』

 

のトレーニング。

 

 

呼吸と言えば、

・腹式呼吸

・胸式呼吸

など

 

色々な呼吸法があり、

一見簡単そうなトレーニングに見えるかもしれません。

 

 

ただ、

せっかくのパーソナルトレーニングですから、

 

私の場合は

・息を吸うときはどこを意識するのか

・吐くときはどのような流れで身体を動かすのか

などを

詳しく手で触って実感してもらいながら進めていきます。

 

 

ではなぜ

この呼吸のトレーニングを

私のパーソナルトレーニングに

来ているほとんどの人にしてもらっているのか、

 

その理由と身体を引き締めるための

オススメの呼吸法を今回はお伝えします。

 

 

身体を引き締める土台が呼吸である

 

 

私のパーソナルトレーニングに

来られる方は、

 

ヒップアップなどお尻に関しての目標が

第一ですが、

 

それだけではありません。

 

 

・二の腕のたるみを解消したかったり

・下腹を引き締めたかったり

・腰や膝の違和感や痛みを取り除きたかったり

・・・

 

言わば

「自他ともに認める快適な身体」

をつくっていきたい人が多いわけです。

 

 

そうなると大事になってくるのが

まずは骨の位置。

 

つまり、各関節にズレがなく

正しい位置にしていく必要があるということです。

 

 

膝関節がズレていたら膝の痛みは治りませんし、

骨盤に歪みがあったら腰痛もお腹ポッコリも

解消することが難しいのは想像できるかと思います。

 

 

そして身体の中心は、

 

「背骨」と「骨盤」

 

呼吸は

私たちの身体の中心である

背骨と骨盤を整える役割があるのです。

 

 

例えば、

猫背のように背中を丸めたまま

大きく深呼吸してみてください。

 

身体に圧迫感を感じて上手く呼吸が出来ないですよね!?

 

逆に背中を大きく反った状態で呼吸をしても、

同じく上手く呼吸ができないはずです。

 

 

では、

背骨が上に引っ張られるように背すじを伸ばして

呼吸をしてみるといかがでしょうか。

 

しっかり息が吸えて、

きちんと息が吐けると思います。

 

 

背骨と骨盤が正しい位置

(正しい姿勢)

にあるのと呼吸とは、

とても深い関係にあるのです。

 

つまりは

 

呼吸が正しくしっかり出来る

姿勢が良くなる

身体が整っていく(身体の痛み解消)

ヒップアップや脚の引き締め、

二の腕やお腹の引き締めなど

(ボディメイクを達成)

 

とういう流れになるわけです。

 

 

なので私のパーソナルトレーニングでは、

必ずと言ってもいいほど

呼吸のトレーニングを取り入れています。

 

 

オススメの呼吸法

 

 

腹式や胸式など

色々な呼吸法がある中で、

 

私がいつもお客様に実際に伝えている

呼吸法を一つ紹介します。

 

 

1.仰向けになり両膝を立てる

2.左右の脇腹(くびれの位置)に手を当てる

3.息を吸ったときに脇腹が膨らみ、

   吐いたときに脇腹がへこんでいくのを手で感じる

 

 

腹式呼吸に近い形ですが、

腹式はお腹の正面(おへそ)を意識する人が多いです。

 

しかし、

お腹の正面は動くけども

横側(脇腹)はあまり動かない。。。

なんてケースもよくあります。

 

そうなると

女性らしいボディラインの形成に大切な

「くびれ」

がきちんと作れなくなるかもしれません。

 

 

背骨や骨盤を整えると同時にくびれづくりもやっていきたい方は

ぜひこの呼吸法を実践してみてください。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

呼吸は一日の中で二万回以上もしており、

全ての運動の中で一番回数が多い運動だとも言われています。

 

 

普段は当たり前に呼吸をしているので

なかなか気づきにくいところですが、

 

呼吸に対する見方が変わり、

あなたの身体を変えていく助けとなれば幸いです。

 

ありがとうございます。

肩の痛み改善、二の腕を引き締めるための姿勢のコツとは

 


大阪・心斎橋でパーソナルトレーニングをしている、

姿勢改善専門トレーナーの桑野です。

 

 

「姿勢は悪いよりも良くしておくべきだ。」

ということはあなたも知っていると思います。

 

・肩周りや二の腕の引き締め

・首や肩のこり

・肩の痛み

など、

 

身体の引き締めのためにも

痛みやこりから解放されるためにも、

姿勢を良くしておくことは欠かせません。

 

 

しかし、

いざ姿勢を良くしようと意識したら、

 

あなたは

『腰』を反ってしまってはいませんか?

 

 

『腰』を反り過ぎてしまうと

逆に腰痛となってしまう可能性もあるため、

気を付けなければいけません。

 

 

良い姿勢をつくるのには

コツがあるのです。

 

 

今回は

正しい姿勢を獲得し、肩周りや二の腕の引き締めだけでなく

、首や肩のこり、痛みの改善にも絶大な効力を発揮する

大事なコツをお伝えします。

 

 

背骨の中でも胸椎(肩甲骨の間の骨)が大事

 

 

姿勢が良いということは、

背骨が整っているということ。

 

 

そもそも背骨には、

・頸椎

・胸椎

・腰椎

の3つに分けることができ、

 

これらをきちんと意識して

動かせるようになることが、

背骨を整えるには必要不可欠です。

 

 

首を曲げたり反ったりすると

頸椎が動きます。

 

腰を曲げたり反ったりすると

腰椎が動きます。

 

 

しかし、

頸椎と腰椎の間にある

胸椎を意識して動かせる人は

あまりいません。

 

 

強いて言うなら

猫背になるイメージで

背中を丸めることが出来るくらい。

 

 

このことから、

 

肩周りや二の腕の引き締め、

首や肩のこり、痛みの改善

姿勢が良い

背骨が整っている

胸椎をきちんと動かすことが出来る

 

という式が成り立つのです。

 

 

胸椎を動かすためのポイント

 

 

胸椎は特に

『反る』

という動きを自在に出来るようになることが必要。

 

 

ここをきちんと『反る』ことが

出来ないと丸まる動きばかりに

なってしまい、

 

首や頭が前に出てしまう

首や肩のこり又は痛みが出る

or

肩周りや二の腕がたるんでしまう

 

というようになってしまうのです。

 

 

では胸椎を反らすにはどうするのか?

 

以下の順番で身体を動かしてみてください。

 

 

1.頭から背骨が上に引っ張られるイメージを持つ

 

2.そのまま少しずつ胸を張っていく

 

3.肩甲骨の間を反っている感覚が出たらキープする

 

 

腰が動いてしまわないように

ちょっとだけお腹に力を入れておくと

感覚を掴みやすくなるかもしれません。

 

 

大切なのはこれを

『キープすること』

 

例えば

上半身の筋トレを実施するときは、

このように肩甲骨の間を反ったままで

する必要がありますし、

 

デスクワークをする際も

肩甲骨の間を反ったままでする必要があるのです。

 

 

姿勢をキープするトレーニングの重要性

 

 

肩甲骨の間を反ることは、

今までにない感覚であれば

きっとキープするのはきついことだと思います。

 

しかし、逆を言うと

この感覚がなかったから

首や肩のこり、痛みが出たり、

肩周りや二の腕が引き締まらなかった、

 

と言えるのです。

 

 

私とのパーソナルトレーニングでは、

まずは肩甲骨の間の感覚を引き出していく

トレーニングから始めていき、

 

徐々にその感覚をキープしたまま

筋トレをしていくという流れにしています。

 

 

そうなると、

1ヶ月ほどで姿勢が

一目で違いが分かるくらいまで

変化が出始め、

 

2ヶ月ほどで

二の腕の引き締まりを

実感出来るようになっていきます。

 

もちろん首や肩のこり、痛みも

なくなっていくのです。

 

 

もしあなたが本気で

身体を変えて快適な身体にしていきたい

場合は、

 

このように

姿勢を意識したトレーニングを実践し、

日常生活でもキープ出来るように

してみてください。

 

きっと変化を感じて頂けると

思います。

背中の引き締めのためにやるべきこと

 


大阪・心斎橋でパーソナルトレーニングをしている、

姿勢改善専門トレーナーの桑野です。

 

 

先々月のことですが、

初めてお越しになられたお客さまから

このような質問を頂きました。

 

「背中のたるみをとりたいのですが、

どうしたら良いでしょうか?

体重だけが原因じゃない気がして。。。」

 

もう少し詳しく伺うと、

身体を捻ったときや

下着をつけたときに、

 

特に肩甲骨から背中にかけての

お肉が気になる、

とのこと。

 

 

あなたはいかがですか?

 

 

肩甲骨周りや背中の引き締めを

達成するためには

実施していくべき順番があります。

 

 

今回はその方法をお伝えしていきます。

 

 

背中が丸まっているのはNG

 

 

「肩甲骨周りや背中周りを引き締めたい!」

と考えている方の多くは、

背中が丸まっている

(猫背になっている)

傾向にあります。

 

背中が丸まれば

肩甲骨も開いていって

肩が内巻きになり、

 

筋肉が伸び伸びになってしまうため、

だんだんとたるみが気になってくるのです。

 

 

そうならないために

背中の筋肉を鍛えていくことは

もちろん大事。

 

 

筋トレをすることで

筋肉を活性化し、

たるみを防ぐことが出来ます。

 

 

しかし、

いきなり筋トレから

始めることはお勧めできません。

 

なぜなら、

 

『身体にたるみが出ている

筋バランスが悪くなっている

骨の位置が悪くなっている』

 

という公式があるから。

 

 

これを今回の背中のたるみに当てはめると、

 

『肩甲骨周辺や背中のたるみ

肩甲骨周辺や背中の筋バランスが悪くなっている

背骨や肩甲骨の位置が悪くなっている』

 

ということになります。

 

 

そのため

いきなり筋トレから始めるのではなく、

 

まずは背骨や肩甲骨の位置を整えていくことから

始めなければならいのです。

 

 

骨を整えるトレーニングとは

 

 

骨を整えるトレーニングも

実は筋肉を使います。

 

 

ただし、

使う筋肉は

『インナーマッスル』

と呼ばれる細かい筋肉です。

 

 

(反対に

一般的な筋トレで使う筋肉は

『アウターマッスル』

と呼ばれます。)

 

 

この『インナーマッスル』が

骨と骨をつなぎとめる役割を

もっており、

 

ここが衰えてくると

骨の位置がずれて位置が悪くなってしまいます。

 

 

その状態のままで

『アウターマッスル』を鍛えても

身体は引き締まらないばかりか、

 

肩や腰や膝などを

痛めてしまう原因にもなりかねません。

 

 

『アウターマッスル』を使った筋トレが

ダメなのではなく、

 

『インナーマッスル』を鍛えて骨を整えることを

先に実施する必要がある、

 

ということなのです。

 

 

なので、

肩甲骨周辺や背中のたるみを

解消したい場合は、

 

肩甲骨や背骨の周りの

『インナーマッスル』を

先に鍛えて整えていき、

 

その後に

広背筋(『アウターマッスル』)などの

背中の筋トレをしていく方が

とても効率的な方法なのです。

 

 

 

『インナーマッスル』を鍛えるには専門家へ

 

 

『インナーマッスル』は細かい筋肉のため、

かなり地味なトレーニングが必要です。

 

最初は専門のトレーナーに頼んでみてもらうことが

欠かせません。

 

 

しかし、

ジムに行って少しストレッチして

マシンで背中の筋トレ(『アウターマッスル』)を

するよりも、

 

専門のトレーナーから

『インナーマッスル』を使うトレーニングの

アドバイスを受けた後で

背中の筋トレをするのとでは、

 

効果は全くと言っても良いほど違ったものになります。

 

 

もしあなたが

本気で肩甲骨周りや背中を

引き締めたいと考えているのであれば、

 

ぜひ一度専門のトレーナーに

見てもらうようにしてみてください。

 

 

ちなみに

最初に相談を受けた方ですが、

2ヶ月ほどで解消出来てきているようです。

 

(ご本人の許可を得て掲載しています。)

 

あなたも引き締めることが出来ますよう

応援しております。

根本的に姿勢改善をしていくために欠かせないこと

 


大阪・心斎橋で活動している

姿勢改善専門トレーナーの桑野です。

 

 

姿勢改善が身体に良いことは

あなたもご存知だと思います。

 

肩こりや腰痛などはもちろん、

二の腕や背中のたるみの原因にも

なりかねない姿勢の良し悪し。

 

姿勢改善の方法として、

 

整骨院や整体などの治療院

エステ

カイロプラクティック

など、

 

たくさんの場所があり、

それぞれの施設が姿勢改善の必要性を

説いています。

 

もちろん

そのような施設で姿勢を整えて

もらうのも良いですし、

 

施術内容や先生との相性で

あなたに合ったところを

選んで頂きたいのですが、

 

本当にあなたが姿勢改善を

望んでいるのであれば、

 

どこの施設や

どのような施術内容を選んだとしても

 

欠かせない重要なポイントがあるのです。

 

 

 

あなただけの良い姿勢をとる方法とは

 

 

 

あなたの姿勢が悪くなった原因は

何でしょうか?

 

スマホの見過ぎ?

長時間のパソコン作業?

運動不足?

 

一つだけというわけではなく、

 

いろんな要因が少しずつ合わさって

姿勢が崩れてしまったのかもしれません。

 

そして

整骨院でも整体でもカイロプラクティック院でも

自分で運動をしてでも何でも結構ですので、

 

姿勢が一旦改善したとしたとします。

 

あなたはそれをキープし続ける術は

持っていますか?

 

日常生活で、

「あ!今姿勢が悪くなってたから

良い姿勢を意識してみよう!」

 

と思ったとき、

 

正しい姿勢をとるための方法はご存知でしたでしょうか?

 

何となく背すじを伸ばしただけとか、

 

腰を反ってしまって腰がだるくなったとか、

 

アバウトになっていませんか?

 

 

大事なのは、

 

「どこを意識したら良い姿勢になるのか」

 

「どの場面でより良い姿勢を意識した方が良いのか」

 

をあなた自身が把握することです。

 

 

人の手で姿勢が改善しただけ、

 

何となく身体を動かしたら

姿勢が良くなった気がする、

 

 

それだと

本当の意味で姿勢改善が達成された

とは言えません。

 

どこを意識したら良い姿勢になるかは

個人個人によって変わる場合が

あります。

 

あなただけの姿勢改善のポイントを

あなた自身が理解するように

していくことが大切なのです。

 

 

姿勢改善にはパーソナルトレーニングがお勧め!

 

 

「どこを意識したら良い姿勢になるのか」

 

をあなた自身が理解するための最善の方法は、

「トレーニング」をすることです。

 

身体を動かすことで、

 

「ここの筋肉を使ったら姿勢が良くなるんだ!」

 

ということが分かりやすくなるからです。

 

ただし、

どこの筋肉を使えば良いのかは

人それぞれで、

 

万が一間違ってしまうと

逆に身体を痛めてしまう原因に

なるかもしれません。

 

そうなると

 

専門家に一対一で詳しく習った方が

効果的で安全なのはお判り頂けるかと思います。

 

一対一のパーソナルトレーニングだと、

 

あなたの場面に合わせた

姿勢改善の方法にもフォーカス

しやすくなりますから、

 

「どの場面でより良い姿勢を意識した方が良いのか」

 

にも繋がっていきます。

 

もしあなたが日常の中でも

良い姿勢を意識し、

 

根本的な不調の改善やスタイル改善を

目指しているのであれば、

 

ぜひ専門家から

あなただけのポイントを習うようにしてみてください。

 

このブログがあなたの日常の姿勢を

変える助けとなれば幸いです。

 

ありがとうございます。

身体の不調改善には姿勢改善が必要

 


大阪・心斎橋で、骨格ラインを整える良好な姿勢づくりの

パーソナルトレーニングを実施している、

美姿勢・美脚スペシャリストの桑野です。

 

「姿勢を良くしましょう。」

と多くの方は言われたことがあるかと思います。

 

あなたも子どものとき、

もしくは大人になってからでも、

姿勢について人から指摘されたことはありませんか?

 

もし最近でも、人から姿勢が悪いと

言われたことがある、

 

または自分でも姿勢の悪さが気になるのであれば、

 

あなたは身体の感覚が鈍(にぶ)くなって

しまっているのかもしれません。

 

身体の感覚が鈍(にぶ)くなってしまうと、

自分が今どういう状態なのか

分からなくなってしまい、

 

肩こり、腰痛、膝痛など、

身体に痛みが出やすくなったり、

 

ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりなどで

太りやすくなったり。。。

 

身体が不調になる原因へとつながってしまいます。

 

そうならないようにするためには、

実は姿勢改善から始めた方が良いのです。

 

姿勢改善があなたの調子を上向きにする第一歩

 

姿勢が悪いと身体に悪影響を

及ぼす場合があることはご存知だと思います。

 

代表的なのは

首や肩の凝り、もしくは腰痛。

 

姿勢が良いとそれらになりにくいのは

事実ですが、

 

現代は姿勢を悪くしてしまう要素が多過ぎるのです。

 

パソコン

スマホ

デスクワーク

ソファ

など、

 

あなたも思い当たるところはありませんか?

 

「気が付いたら長時間スマホを見てしまっていた。。。」

「仕事でパソコンを1日中使っている。。。」

「姿勢が悪いと気付くのは首や腰が痛くなってから。。。」

 

反対に、

もしあなたが姿勢を頻繁に気にするようになったとしたら、

 

1日の中で姿勢が悪くなってしまう要素が多ければ多いほど

姿勢を気にする回数も多くなる、

 

ということになります。

 

「姿勢を気にする=自分の身体に気を配る」

 

つまり自分自身の内側に意識を向ける癖がつく、

 

ということです。

 

これが出来るようになると

あなたは姿勢だけではなく、

日常の様々な場面に活きていきます。

 

例えば、

食事を食べ過ぎることなく、

適量分だけ食べれるようになったり、

 

いつもなんとなくで食べていた甘いものを

あまり欲しくならなくなったり、

 

早寝早起きが出来るようになったり。

 

もちろん個人差がありますし一例ではありますが、

 

それだけ姿勢を意識していくことは、

あなたの身体の感覚を鋭くしていくことに

繋がっていくのです。

 

姿勢改善はトレーニングが必須

 

良い姿勢をキープ出来るようになるためには、

そのためのトレーニングをしていくことを

お勧めします。

 

姿勢改善は

ただ胸を張るとか

背すじを伸ばすとか

肩甲骨を寄せるとかだけではなく、

 

「どこを意識したら良い姿勢になるのか」

 

というポイントが複数あります。

 

それは

肩甲骨周りなのか

背骨なのか

それとも骨盤周りなのか

 

もしかしたら全部なのかもしれませんし、

人によって必要なポイントが変わりますので、

あなただけのポイントが必ずあるのです。

 

そのポイントを見つけ

意識できるようにしていくには、

 

どこが硬くなっているか、

または緩み過ぎているかなどを

「身体を動かしながら」見つけていく必要があります。

 

つまりトレーニング(筋トレ)をしていくことが

あなたの姿勢を良くしていくための近道なのです。

 

ぜひ

トレーニングをしていきながら姿勢改善をし、

あなたの体調を上向きにしていく準備をしてください。

 

このブログがあなたの姿勢を変え、

快適な身体となる助けとなれば幸いです。

 

ありがとうございます。