パーソナルトレーニング 姿勢改善 ヒップアップ 大阪 心斎橋

姿勢改善・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング k.c.lab

ダイエットを成功させる二つの考え方

 


大阪・心斎橋でパーソナルトレーニングをしている、

姿勢改善・ヒップアップ専門トレーナーの桑野です。

 

 

新しい年が始まり、

早くも半月が過ぎました。

 

「今年はこれを頑張ろう!」

「これを新しく始めよう!」

 

と年始に決めた目標や夢に向かっての

行動は順調ですか?

 

 

もしあなたが、

 

「今年はダイエットしなきゃ。。。」

「もう少し体重を減らしたいな。。。」

 

などの減量を

今年の目標のうちの一つとして考えているのであれば、

 

その為の大切なポイントを

今回はお伝え致します。

 

 

食間を十分にあけること

 

 

あなたは毎日三食食べますか?

それとも二食派ですか?

 

 

あなたに合っていれば

どちらでも構わないのですが、

 

二食でも三食でも

ダイエットには欠かせない考え方として、

 

 

『食事と食事の間の時間を十分にあける必要がある』

 

 

というものがあります。

 

 

例えば

お休みの日に少し遅めの10時に起床して

朝食を食べ、

 

昼食を13時頃、間食を16時頃にして

夕食を19時頃食べる。

 

 

上記のような場合だと、

食べた物が消化しきる前に

次の食べ物が身体の中に入ってくる状態になり、

 

適切な消化・吸収が行われずに

脂肪として身体に蓄えられてしまう確率が高くなってしまいます。

 

ダイエットをしたい方にとっては

好ましくない食生活なのです。

 

 

理想としては、

食べた物がきちんと消化・吸収が終わった後に

次の食べ物が入ってくるように

食事と食事の間を十分にあけておくこと。

 

 

その具体的な時間は

「4時間以上」

あけることを基本に

意識してみてください。

 

 

間食についての考え方

 

 

食間を十分にあける意識を

持っていたとしても、

 

私たちは日々仕事や趣味などで

身体を動かしたり頭(脳)を使ったりしていますから、

 

身体に蓄えた栄養がなくなると

どうしてもお腹が空いてしまい、

何か食べたくなってしまいます。

 

 

代表的な例としては

夕方の時間帯。

 

 

そこを我慢出来れば良いのでしょうが、

無理するとストレスも溜まって

精神的にも良くありません。

 

無理した結果、

ドカ食いしてしまっては

ダイエットには悪影響となってしまいます。

 

 

ではどのようにしたら良いのか。

 

 

間食はしても良いのです。

ただしその後の食事で先ほど間食した分を

引いておくこと。

 

 

つまり

夕方に間食をしたのであれば、

その後の夕食時に

間食した分は少し減らして食べるようにしてみてください。

 

 

そうすることで

トータルでの食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

 

 

まとめ

 

 

ダイエットにおいて

食事内容が重要になってくることは

言うまでもありません。

 

 

食べると太るものがあれば

食べても太らないものもありますので、

 

何を食べるかに気を付ける必要があるわけです。

 

 

ただ今回は違う視点で、

・食事と食事の間の時間を十分にあけること

・間食についての考え方

 

をお伝えしました。

 

 

ぜひ

食べる物の質に加えて

上記二つの点も意識してみてください。

 

 

あなたのダイエットが成功する

きっかけとなれば幸いです。

 

ありがとうございます。

体重をコントロールするために気を付けるべき食習慣

 


大阪・心斎橋で活動している、

姿勢改善・ヒップアップ専門トレーナーの桑野です。

 

 

私のところに通われているお客様に、

 

「外が寒くなってくると

食事の量が増えてしまうのですが、

太ってしまわないか毎年怯えているんです。。。」

 

とご相談と受けたのは一年前。

 

 

 

 

あるポイントをお伝えして実践して頂いたところ、

 

体重は増えるどころか若干減って、

 

「無理して食べる量を減らしているわけでもないのに、

体重は増えるどころか減るなんてびっくりです!」

 

「今年の冬はお腹が減るストレスがなく過ごすことが出来ました!」

 

と春頃にお喜びの感想を頂きました。

 

 

最近今年もまた少しずつ寒くなってきて

 

その客様と

「また去年と同じように

ポイントを意識したらしたら良いですね!」

 

とお話をしましたので、

 

そのポイントを

このブログをお読み頂いている方々にもシェアしたいと思います。

 

 

寒くなると食欲が増すのは当たり前!

 

 

もしかしたらあなたも

 

「寒くなると食欲が増してしまう。。。」

 

「冬は太りやすいんです。。。」

 

と悩まれているのかもしれません。

 

 

でもその理由と対処法を知れば大丈夫。

 

 

そもそも寒くなると

私たちは食欲が増えるようになっています。

 

なぜか?

 

それは気温が下がることで

私たちの身体にストレスがかかるからなんです。

 

 

たまに人間関係などで悩んだ時などに

「ストレスでやけ食いする」

なんて聞いたことがあるかもしれませんが、

 

それと似ていて、

身体が寒いと感じるのも身体にとっては

大きなストレスを感じてしまい、

 

そのストレスを除去しようと

たくさんの栄養を欲しがるわけです。

 

 

だから食欲が増す。

 

 

それを

「食べると太るから。。。」

などの理由で無理して食べないようにしてしまうと、

 

身体がストレスに耐え切れなくなってしまい、

風邪をひいたりして体調を崩してしまうのです。

 

 

食べる量も質も大事!

 

 

しかし、

食欲が増すからと言って

食べたいように食べていたから

今までは体重が増えてしまっていたのが現実。

 

そこは食べている内容を変える必要があります。

 

 

例えば

先ほどのお客様の食事内容でいうと、

 

1日3食はいつもと変わらずだが、

間食の量が今の時季は増えてしまい、

結果的に体重が増えてしまうとのこと。

 

 

そこで私がお伝えしたことは2つ。

 

 

まずは

「3食の食事をしっかりと摂ること」

 

食べ過ぎたら太ってしまうと思い、

食べるご飯の量は最初に決めて、

少し物足りなくてももう食べないように

していたようです。

 

しかし、

それだと食欲が増してしまう寒い時期は

どうしてもすぐお腹が空いてしまうことになります。

 

ちょこちょこと間食が多くなるよりかは、

食事と食事の間をしっかり開けた方が

太りにくいのです。

 

 

次に私がお伝えしたことは、

「間食で食べるものを変える」

 

チョコレートやクッキーなどの

甘いものはやはり太る原因となりますので、

それが増えてしまうと太ってしまうのは一目瞭然。

 

食事はしっかりと摂っていても

間食が必要であれば、

 

ナッツ類や甘くないパンなど、

簡単に言うと砂糖を使用していないものが

お勧めです。

 

 

あなたに適した食習慣は?

 

 

もしあなたも寒くなると食欲が増えて、

それに伴って体重も増えてしまうのであれば、

 

 

・まずは3食の食事をしっかりと摂る

・間食の内容を変える

 

 

この2点を変えていくことから

始めてみてください。

 

 

しかし、

この2つで先ほどのお客様は

体重コントロールがバッチリに

なりましたが、

 

これだけでなく、

もっと食習慣を変えていかなければ

いけない人もいるでしょう。

 

「何」を「どれだけ」「いつ」食べているのかは

十人十色ですから。

 

体重をコントロールすることは

身体のボディラインを良くしていくためにも

必要です。

 

つまり、

姿勢改善やヒップアップなどで

見た目を良くするためにトレーニングだけを

するのではなく、

 

毎日の食習慣を変え、

体重コントロールも加えることで

より引き締まったキレイで健康的な身体になるのです。

 

 

季節の移り変わりは

食習慣も乱れやすくなりますから

 

ここでぜひ一度見直してみてください。

 

 

その中で今回のブログがあなたの

食習慣を良い方向に変えるきっかけとなれば幸いです。

 

 

ありがとうございます。

姿勢改善もヒップアップも食生活が大事

 


大阪・心斎橋で活動している、

姿勢改善・ヒップアップ専門トレーナーの

桑野です。

 

「姿勢改善して見た目を良くしたい!」

「ヒップアップした美尻になりたい!」

 

と、あなたが考えて

トレーニングを頑張っているのであれば、

それは決して間違ってはいません。

 

筋肉が衰えていたら重力に負けて

姿勢は悪くなりますし、

 

筋肉を使わなかったら、

ヒップアップするどころか

垂れてしまう可能性だって

あるからです。

 

多少のコツが必要にはなりますが、

正しく行えばむしろトレーニングが

これらの願いを叶える近道だったりもします。

 

しかし、

トレーニングだけでは

問題解決、目標達成しない場合もあります。

 

もしあなたが

姿勢改善もヒップアップもして、

尚且つ自信が持てる身体になりたい

のであれば、

 

今回のポイントは押さえておくようにしてください。

 

あなたの脂肪の量は?

 

トレーニングだけを頑張っても

見た目が良くならないケースは、

 

「身体にある脂肪量が多過ぎる」

 

場合です。

 

筋肉は鍛えることが出来ますが、

脂肪はそうはいきません。

 

身体に付いてしまうと

どうしてもたるんでいるように

見えてしまうのです。

 

そうなると

トレーニングをしていくら筋肉を

鍛えたとしても、

 

なかなか思うように

見た目を良くしていくことは

出来ないのです。

 

もちろん、

トレーニングを続けていくことで

脂肪量を減らしていくことも

期待出来ますが、

 

脂肪量を効率的に減らすには、

トレーニング''だけ"では

いけません。

 

食生活があなたの脂肪の量を決める!

 

どうのようにしたら

脂肪量を減らしてコントロール出来るかというと、

 

「あなたの毎日の食生活」

 

を意識していかなければなりません。

 

私たちは食べたもので

身体がつくられているため、

 

身体に付いてしまう脂肪も

 

何を食べたか、

どのくらい食べたか、

 

で決まってしまいます。

 

もしかしたら

あなたは既に食事については

意識しているのかもしれませんが、

 

ここでもう一度

振り返ってみてください。

 

 

〇食事時間や量が不規則になっていないか

 

〇食事と食事の間は十分に空いているか

 

〇間食の量はどうか

 

〇甘いものを摂り過ぎていないか

 

 

私たちは仕事や人との待ち合わせなどで

時間に追われた日々を

どうしても過ごしてしまう傾向にあります。

 

そうなると

大事だと頭では分かっていても、

食事を疎かにしてしまいがちになるのです。

 

なので、

少しずつで構いません。

 

以上の4つを意識し、

定期的にチェックするように

してみてください。

 

トレーニングで筋肉を鍛えながら

食事で脂肪量もコントロールしていく。

 

そうしていくことであなたの見た目は

今とは違った姿になっていくはずです。

 

ヒップアップも姿勢改善も

脂肪量が多いと達成出来なくなりますから、

 

トレーニングも食生活も

どちらも大切にしてください。

 

このブログがあなたの食生活の

意識を変えるきっかけとなれば幸いです。

 

ありがとうございます。

健康的にダイエットするための理想的な食事の回数とは

 


大阪・心斎橋で、骨格ラインを整える良好な姿勢づくりの

パーソナルトレーニングを実施している、

美姿勢・美脚スペシャリストの桑野です。

 

あなたは1日に何食食べますか?

 

3食食べるという方が最も多いかと思いますが、

 

なかには

朝食を食べずに昼食と夕食、

または

夕食を食べずに朝食と昼食、

という1日2食という方。

 

もしくは1日1食という方もいるかもしれません。

 

ダイエット目的だと、

出来るだけ食べる量や回数を減らすことが

必要だという意見はまだまだ根強いです。

 

しかし、

ただ体重だけ減らすのであれば

食べなければいいわけですが、

 

それだと体力が落ちて肌荒れや体調不良など、

身体への負担も大きくなり

不健康になってしまう確率も高くなっていします。

 

では、

健康的にダイエットしていくには

1日に何食だと良いのか、

 

今回は食事の回数を中心に

お伝えしていきます。

 

あなたに合う食事の回数がある

 

私たちの身体は食べたものでつくられています。

 

筋肉や骨だけでなく、

内臓や脳までも。

 

生きていくには食べ物の栄養を

各細胞に取り込んでいかなければなりません。

 

栄養が入らなければその部分の細胞が衰えて死んでしまいます。

 

何も食べないダイエットをして

体調崩したり身体の調子が悪くなるのは

その前段階なわけです。

 

そのためある程度は必ず食べなければいけませんが、

その「ある程度」は結構個人差が出てきます。

 

同じものを食べても

体重が増える人と増えない人がいるように、

 

食べる量、回数、ともに人それぞれ違うのです。

 

期間を決めて試してみること

 

あなたに合っている食事の回数は1日何回なのかは、

実は試してみないとわかりません。

 

そして試してみるときは

必ず期間を決めてやってみること。

 

1週間でも2週間でも構いません。

 

1日1食

もしくは

1日2食

さらに

1日3食

と、

 

あなた自身で試してみてください。

 

あなたに合った食事回数かどうかのポイントとしては、

 

「その食事の回数の時の身体の調子はどうか」

 

で判断します。

 

寝起きの良さ

肌や髪の調子

仕事のはかどり具合など、

1日通しての身体の調子です。

 

あなたに合っていれば

身体の調子は良くなっていることを

実感出来ますし、

 

逆に合っていなければ、

調子は悪く感じるはずです。

 

あなたは1日何食の日が多かったか⁉

 

あなたの身体には

1日何食が合っているかは、

実はヒントがあります。

 

あなたが今まで生活してきたなかで、1日何食食べることが多かったですか?

 

少し哲学的になりますが、

人間は常に一定でありたい生き物です。

 

体温も基本は一定。

生活習慣も見直してみると、

基本的には同じような時間割で過ごしていることが多いです。

 

例えば

いつも夜にお風呂に入っていた人が、

いつもの習慣を変えて朝にお風呂に入ろうとしたら、

かなりの労力を使います。

 

夜もそうですが、

朝起きて家を出るまでの時間の使い方に

大幅な変更が必要となるわけです。

 

その人なりのリズムが崩れて調子が狂ってしまいます。

 

これと一緒で、

もしあなたが昔から1日3食だった場合は、

それで続けた方が調子が良いかもしれないということ。

 

2食の場合でも1食の場合でも同じです。

 

絶対ではありませんが、

身体の仕組みを考えたときに

理屈は合いますので、

 

よろしければ参考にしてみてください。

 

一番はあなたの調子が良くなるかどうか。

 

あなたの内側(身体の中)の声を

聞くようにしてみてください。

 

健康的にダイエットしていくには

まずそこからです。

 

このブログがあなたのダイエットに

少しでも役に立てば幸いです。

 

ありがとうございます。

お酒と体重、ボディラインとの関係

 


大阪・心斎橋で、骨格ラインを整える良好な姿勢づくりの

パーソナルトレーニングを実施している、

美姿勢・美脚スペシャリストの桑野です。

 

あなたは普段お酒を飲む機会はありますか?

 

「毎日飲む!」

「外食や飲み会のときは飲む!」

「ときどき飲む!」

「ほとんど飲まない!」

 

お酒が好きな方がいれば、

そうではない方もいると思いますが、

 

もしあなたが、

お酒と上手に付き合い

無理なくボディメイクをしていきたいと

考えているのであれば、

 

今回の内容を参考にしてみてください。

 

アルコールは太る原因になる

 

私たち人間は必ず毎日脂肪を

エネルギーとして使っています。

 

そしてアルコールは、

脂肪がエネルギーに変わるのを邪魔してしまうのです。

 

そうなると、

せっかく今日エネルギーとして使われてしまうはずだった

脂肪がアルコールのせいで使われなくなります。

 

私たちは毎日脂肪を使いますが、

毎日食べ物から脂肪として蓄えてもいます。

(使う量・蓄える量は個人差があります。)

 

ということは、

普段であれば蓄えた脂肪を毎日の生活で

エネルギーとして使っているのですが、

 

そこにアルコールが入ると、

蓄えていた脂肪がエネルギーに変わるのを

邪魔してしまうため、

 

脂肪が使われずにどんどん身体に溜まっていく。。。

 

ということになります。

 

もしあなたが

そんなに食べていないのに体重が減らないのであれば、

 

もしかしたら

普段飲まれているお酒の影響かもしれません。

 

あなたに合うお酒を選びましょう

 

せっかくお酒を飲むのであれば、

出来るだけボディラインや体重には

悪影響を及ぼしたくない方が多いのではないでしょうか。

 

その場合は、

何の種類のお酒があなた自身に合っているかを

調べて、

 

飲むのであれば、

あなたに合うお酒を積極的に選ぶ、

 

というようにしてみてください。

 

何があなたに合うのか合わないのかを

調べる方法は簡単。

 

夜に1種類だけお酒を飲んでみて、

翌日の朝方、ご自身の体調に目を向けてみること。

 

例えば、

 

目覚めが良いのか悪いのか

スッキリ感はどうか

むくみはどうか

身体の重さはどうか

 

など。

 

もし体調が良いのであれば

前日に飲んだお酒は合っている。

 

逆に体調があまり良くないのであれば、

前日のお酒は合っていないのかもしれません。

 

この方法はそのほかの要因、

例えば睡眠時間や食事の時間や内容、

その日のストレスレベルなどにも

左右されますので、

 

出来るだけお酒以外は同じ状況で、

そして何回か試してみるようにしてください。

 

実際に上記を試され、

夜はビールを飲んでいた方が

ワインに変えたところ、

 

むくみが減ってふくらはぎが

ほっそりしてきたとの報告を受けました。

 

もちろん他にも

合うお酒を飲んだとき

合わないお酒を飲んだとき

の実例はたくさんあります。

 

「アルコールは太る要素となる」

「あなたに合うお酒と合わないお酒がある」

(お酒は全部合わないという方もおられます)

 

上手にお酒と付き合うために

この2つを知って頂けたらと思います。

 

このブログがあなたの身体に対する意識を

変えるきっかけとなれば幸いです。

 

ありがとうございます。